FC2ブログ

キュベ・ジュリエット/ドメーヌ・フォーンドゥース

この時期オススメなワインのご紹介。

キュベ・ジュリエット/ドメーヌ・フォーンドゥース
¥1980(税別)

葡萄は除梗後、適切な温度管理のもと20日間の長期発酵をし、
オーク槽でマロラクティック発酵後、
ステンレスタンクで安定させてオーク樽で14カ月熟成させます。
果実味のボリューム感がしっかりとあり、
熟したプラム、ブラックベリー、カカオなどの複雑な香りが感じられます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

五橋 純米 ひやおろし

オススメ新入荷清酒のご紹介。

五橋 純米 ひやおろし
1800ml ¥2860(税別)
720ml ¥1430 (税別)

五連のアーチが美しい錦帯橋がかかる岩国市の蔵元の、
毎秋人気の純米ひやおろし。
地元山口県産の《日本晴》をメインに使用し、
軟水仕込みで丁寧に醸しました。
上品な吟醸香がほのかに香り、口当たり優しく軽快、
たっぷりの米の旨味をきれいな酸が引き締める、
なめらかな味わいが魅力。
秋の味覚と合わせてお互いを引き立てあいます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2018年9月のワインサーキット・プレミアム

9/21はワインサーキット・プレミアムでした。
今月はシーズンラスト。
それに相応しいラインナップです。

まずは白。右から
①グレケット・ウンブリア/カンティーナ・ライナ
②ピノ・ブラン/ジークリスト
③コート・デュ・ローヌ・ブラン“リュー・ディ・クラヴァン”/ジュリエンヌ

①のグレケット・ウンブリアは
今流行のオレンジワイン。しかもイタリアの。
円やかさ・ミネラル感・適度なひっかかり、
オレンジワインの良さが凝縮されてます。
②のピノ・ブランは
サラッとした飲み口ながら、
奥行き・深さがあるしなやかなドイツワイン。
どの料理・どのシチュエーションでもイケそう。
③のリュー・ディ・クラヴァンは
グルナッシュ・ブラン50%、クレレット40%という
異色のローヌブラン。
複雑さはピカイチで、温度帯に気をつけたいワイン。

そして赤。右から
④アンジュ・ヴィラージュ“シュール・シスト”/Ch.ピエール・ビーズ
⑤ラ・メゾン・ジョンヌ/アルキエ
⑥ル・カリニャン/ドーピアック

④のアンジュ・ヴィラージュ“シュール・シスト”は
初めはボルドーっぽいんですが、
少し経つとガッツリとカベルネ・フランが効いてきます。
スパイシーな料理と合わせたい一本。
⑤のラ・メゾン・ジョンヌは
飲み始めから最後まで、安定して美味しいワイン。
流石はアルキエ。
どのワイン呑んでもすべらんなぁ~。
⑥のル・カリニャンは
1998年もの、いわゆる20年前のワインなのですが、
一切のヘタレ無し。
色もそれほどの褐色ではなく、
味・香りも熟成感に支配されてません。
やはり、南仏の1998はグレートヴィンテージなんだ!

次回は10/19。
11シーズン目スタートです。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

グレケット・ウンブリア/カンティーナ・ライナ

この時期にオススメなワインのご紹介。

グレケット・ウンブリア/カンティーナ・ライナ
¥2400(税別)

いま流行のオレンジワイン。
手摘みで収穫後にスレンレスタンクで
約6時間のスキンコンタクトの後にソフトプレス。
野生酵母で発酵。
発酵後はスレンレスタンクで3ヶ月間澱と共に置いた後に瓶詰め。
瓶詰め後、約5ヶ月間落ち着かせてからリリース。
洋ナシや青りんごの果物の香りに加えて
グレープフルーツのような柑橘の爽やかな香り。
クリーンで力強い果実と綺麗な酸のバランスが心地よく感じる辛口。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

大山 特別純米 ひやおろし

オススメ新入荷清酒のご紹介。

大山 特別純米 ひやおろし
1800ml ¥2780(税別)
720ml ¥1390(税別)

昨秋の人気No.1、今年も大いに期待したい一本。
山形県オリジナルの酒米《出羽の里》と
山形ならではの吟醸酵母2種を用いて醸した特別純米酒です。
ほのかな吟醸香が心地よく、口当たりはやや辛口ながら、
含みに甘やかさもあり、キレも良好。
すっきりした中に潜むしっかりした旨みと
まとまり良く幅のある味わいが、秋の味覚を引き立てます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

コート・デュ・ローヌ・ブラン“ラ・カデンヌ”/ショーム・アルノー

この時期にオススメなワインのご紹介。

コート・デュ・ローヌ・ブラン“ラ・カデンヌ”/ショーム・アルノー
¥3980(税別)

樹齢が若くても、非常に短い剪定と石灰質の痩せた土壌のおかげで
みずみずしさと奥行きのある味わいが生まれます。
いつも吹く強風のおかげで酸味も非常に美しい。
ヴィオニエからは、
マンゴーやライチ、マスカット、洋梨や白い花などの華やかな香り。
そこにマルサンヌを合わせることで、ゆったりとした厚みと広がり、
長く続く余韻がとても心地良く、バランスの素晴らしいワインとなっています。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

銀座 朧月@銀座

ラーメン部活動番外編。

銀座 朧月@銀座

半年に一度の、展示会参加の為、有楽町へ。
少し歩いて、数寄屋橋交差点の先の店。

濃厚煮干しつけ麺 中 ¥950

なかなかの濃厚スープ。
このドロッと感は、そうはないです。
器を横にしてもこぼれない?くらいのドロッとスープ。
そんなにドロッとしてるのに、クドさは一切無い優れもの。
麺はこの手のつけ麺によくある太麺で、パキパキではなく、モチっとしたヤツ。
濃厚スープにモチっと太麺がバチっ合い、サラサラサラっと食べちゃいました。
ドロっとの素になってる煮干しの粉や細かく刻んだタマネギ、たまに出会う柚子が
濃厚さと爽やかさのバランスを保ってます。
「塩つけ麺」ってのにもそそられました。
今度きたらそれだな!

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし

オススメ新入荷清酒のご紹介。

鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし
1800ml ¥3200(税別)
720ml ¥1600(税別)

秋の風物詩「ひやおろし」は、
鶴齢らしい米本来の旨味を引き出した濃厚旨口で表現する
この時期だけの味わいです。

原料米には、
酒米の王様「山田錦」を全量に使用し55%まで磨き上げ、
協会7号酵母と地元の霊峰「巻機山」 の伏流水にて仕込まれた
特別純米の原酒をわずかに加水し、
一度だけ瓶燗火入れを行って、夏の間静かに寝かせています。

山田錦の旨味を引き出したしっかりとしたボリュームと
円やかな熟成感、味に深みがあり、柔らかい旨味と酸が調和する、
味乗りたっぷりの申し分ない仕上がりです。

秋あがりした芳醇な味わいは、
フレッシュでインパクトの強い生原酒とはひと味違った旨味がご堪能いただけます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

へドン スーパーソニック

僕の最大の趣味・バスフィッシングは
ナンダカンダで37、8年やってます。
その遊びを始めた当時、象徴だったのが
この「へドン スーパーソニック」という昔のルアー。

タックルボックス(釣りの道具箱)を整理してて、
久しぶりに手にしました。
お気に入りのカラーは真ん中のマットホットタイガー。
バスフィッシングを始めようと、釣具屋に行き、
沢山あるルアーの中、一番カッコよく見えて、すぐに買ったのがコレです。

「エサを使わず、ルアー(疑似餌)でサカナを釣る、スポーツフィッシング」
という遊びは、小学生の僕にはセンセーショナルでした。
リールという糸巻き機が付いたロッド(竿)を使って、
ルアーをサカナがいそうなポイント目がけてキャスト(投げる)、という釣りは、
面白さ・カッコよさ・ワクワク感が満載のキラッキラしたアウトドアの遊びでした。
当時は小学生なので、当然お金が無くて、
ロッドを買うのも、リールを買うのも、ルアーを買うのも、
お年玉とか、法事やら田舎からの来客やら、
なんらかのイベントで得る臨時収入をどうにか貯めて買う、
今考えれば「よく釣りやれてたなぁ・・・」という
子供ならではの、子供じゃなきゃやってない状態でした。
当時の僕は、そんな激貧な時でも「コレで釣りたい!」と崇高な志で、
1ヶ月に一個買えるかどうかのルアーで必死に釣りしてました。
ビッグO、ホッテントット、ジッターバグ、ラパラ、
どんだけロストしたかなぁ・・・。
そんな中、シンキングのバイブレーションルアーにも関わらず、
今でも手元にあるスーパーソニック、
よくぞ今まで残ってた!
・・・好きすぎて、実戦で使わずに、とっといたから今でもあるのか?
いや、コレらは多分5,6代目・・・(^-^)

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

蓬莱泉 夢筺 特別純米 ひやおろし

オススメ新入荷清酒のご紹介。

蓬莱泉 夢筺 特別純米 ひやおろし

冬に搾ったお酒を一度火入処理をした生詰酒を低温熟成させました。
約半年間、蓬莱泉自慢の「貯酒トンネル」で自然熟成させました。
トンネル内の温度は、年間を通して15℃前後に保たれています。
暑い日が続く中、静かに熟成の時を過ごしています。

新酒時のピチピチ感ある酸味が非常にまろやかになり
お米の旨みが引き出され、
口の中に広がるふくらみと柔らかな旨みをお楽しみ頂けます。

「蓬莱泉」地元愛知県の自然の恵みよる酒米「夢山水」(麹米)を原料に
ふくよかでのどごしの良いお酒が出来上がりました。
優しい喉越し、豊かな旨みが伝わってくる「ひやおろし」です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR