FC2ブログ

2019年10月のステップアップ和飲塾

10/11はステップアップ和飲塾でした。
今回から新シリーズ。
メンバーも一人増えて、賑やかにいきます。

まずは白。右から
①ブラン・ド・ブラン レゼルヴ/シャンパーニュ・ド・スーザ
②キュベ・デ・ザミ/セネシャリエール
③コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ"レ・モン・ド・ボンクール"/ガショ・モノ


①ブラン・ド・ブラン レゼルヴ/シャンパーニュ・ド・スーザは
安定の美味しさ。
新メンバーのためにウェルカム・シャンパーニュということで。
②キュベ・デ・ザミ/セネシャリエールは
こちらも相変わらず安定のセネシャリエール。
エリゼ宮御用達ワイナリーの貫禄。
③コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ"レ・モン・ド・ボンクール"/ガショ・モノは
ネットリとしたシャルドネを飲みたくて、コレを。
かなり満足度の高い一本。

そして赤。右から
④Ch.ラ・ラズカマン・ルージュ
⑤ドーピアック・ルージュ/ドーピアック

④Ch.ラ・ラズカマン・ルージュは
敢えて複雑味溢れるボルドーのワインを。
ボルドーで使用可能の品質全て入ってる珍しいワイン。
複雑味プラス厚い風味と香りが特徴。
⑤ドーピアック・ルージュ/ドーピアックは
意図的に2002年モノを開けました。
熟成した赤ワインのお手本のような一本。

そして恒例のブラインドテイスティング。
正解はコート・デュ・ローヌ・ルージュ/テール・ド・ソレイユ。

この若目の赤と比べたいがためにドーピアック・ルージュを出しました。
15年の熟成の差がお分かり頂けましたでしょうか。

次回は11/8です。
お楽しみに!
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

大雪渓 特別純米原酒 秋あがり

オススメ新入荷清酒のご紹介。

大雪渓 特別純米原酒 秋あがり
1800ml ¥3000(税別)
720ml ¥1550(税別)

9月9日解禁!特別純米原酒秋あがり。
秋の到来とともに味わえる「食欲の秋」にピッタリのお酒♪♪
穏やかで落ち着いた香り、
まるみと芳醇な旨味と酸味をお楽しみいただける
食中酒としてオススメの1本です!!

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年9月のステップアップ和飲塾

9/27はステップアップ和飲塾でした。
今回のテーマはワインサーキット・プレミアムにならって「南仏」。
なんてったって南仏はウチのワイン販売の根幹ですから。

まずは白。右から
①キュピドーヌ/ポール・ルデ
②コート・デュ・ローヌ・ブラン/ジャン・ダヴィッド

①キュピドーヌ/ポール・ルデは
自然派オレンジワインの旨さ爆発。
価格もお手頃で、コストパフォーマンスもバッチリ。
②コート・デュ・ローヌ・ブラン/ジャン・ダヴィッドは
ナイスな感じの熟成感。
しつこくなく、しっとり滑らかな口当たり。
こういうワインをいつも飲みたいモノです。

そして赤。右から
③エストレラ/ヴァラ・デ・ゾール
④レ・テラス・グリエ/ムリニエ

③エストレラ/ヴァラ・デ・ゾールは
カリニャン種100%のエキセントリックな一本。
そのエキセントリックな感じが南仏のいいとこをガッツリ出してます。
④レ・テラス・グリエ/ムリニエは
何気にグレートヴィンテージの熟成とフルーツ感を融合したレジェンドクラスなヤツ。
実際、序盤はおとなしめでしたが、時間の経過と共に実力を発揮する、まさしくレジェンド。

最後はブラインドテイスティング。
正解はボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ/ラフォレ。

正解に限りなく近い解答はお二人いました。

次回から新シリーズ。
メンバーが一人増えます。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年9月の和酒友の会

9/23は和酒友の会でした。
今回のテーマは「ひやおろし」。
各蔵元の秋の酒を飲み比べ。

まずは前半。右から
①大山 特別純米 ひやおろし
②蓬莱泉 特別純米ひやおろし 夢筺(ゆめこばこ)

①大山 特別純米 ひやおろしは
スッキリとシャープな味わい。
クイクイ飲みたいならコレです。
②蓬莱泉 特別純米ひやおろし 夢筺(ゆめこばこ)
香り・味のバランスが最高。
旨味・キレ・風味、どれをとっても言うこと無しです。

そして後半。右から
③誠鏡 純米原酒生詰 ひやおろし
④鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし

③誠鏡 純米原酒生詰 ひやおろしは
原酒生詰だけあって、ボリューム満点。
煮込み系の料理にバッチリ合うひやおろし。
④鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろしは
相変わらずいい意味で「新潟酒っぽくない新潟酒」。
旨味の乗り方が流石の一言。

次回から新シリーズ。
10/28です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年9月のワインサーキット・プレミアム

9/20はワインサーキット・プレミアムでした。
今回のテーマは「南仏」。
当店のワインの根本は南仏にあります。

まずは白。右から
①キュピドーヌ/ポール・ルデ
②ルー・コレグ/グレゴリー・ギョーム

①キュピドーヌ/ポール・ルデは
かなりいい感じのオレンジワイン。
シャサンという、このワイナリーならではのブドウが旨味・深みに効いてます。
②ルー・コレグ/グレゴリー・ギョームは
南仏で作る自然派シャルドネ。
フルーツ・ミネラルが混然一体となって、
旨味に化けてます。

そして赤前半。右から
③アンヴィ/ル・クロ・デ・ジャール
④ファンタスティカ/ヴァラ・デ・ゾール

③アンヴィ/ル・クロ・デ・ジャールは
カリニャン種がメインのエキセントリックな風味。
味も香りもとても独特。
そこが料理とのマッチングを際立たせます。
④ファンタスティカ/ヴァラ・デ・ゾールは
まさしく「ザ・南仏」。
ブ厚いフルーツの風味と複雑な香りは照りつける太陽を浴びなければ出来ません。

赤の後半。右から
⑤エキノックス カベルネ・シラー/ラルジョル
⑥レ・コカリエール・ルージュ/ドーピアック

⑤エキノックス カベルネ・シラー/ラルジョルは
革新を続けるラルジョルの新作。
かつての看板ワイン「カベルネ・ド・ラルジョル」を止めてまで出す新キュヴェは、
ワイナリースタッフの熱いタマシイが伝わる一本でした。
⑥レ・コカリエール・ルージュ/ドーピアックは
我らがドーピアックの高級キュヴェ。
ドーピアックの良さがパンパンに詰まってます。

最後はブラインドテイスティング。
正解はラ・メゾン・ジョンヌ/アルキエ。

来月から新シリーズ。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年8月の和酒友の会

9/2は和酒友の会でした。
本来なら先週の開催だったのですが、
メンバーの方のご都合か合わずこの日の開催。
今回のテーマは「秋の酒と少し夏酒」。
少~し早いですが、まあ、そこは。

まずは前半。右から
①麒麟山 秋酒
②谷川岳 純米ひやおろし

①麒麟山 秋酒は
新潟酒らしくシャープな香り・風味。
スッキリシャキリでどんなシーンにも合うでしょう。
②谷川岳 純米ひやおろしは
ハイコストパフォーマンスな辛口。
この安さでこの旨さはなかなか無いです。

そして後半。右から
③甲子正宗 純米吟醸 秋あがり
④一念不動 生酛純米

③甲子正宗 純米吟醸 秋あがりは
昨年までの純米から純米吟醸へ、
五百万石のみから山田錦と五百万石半々へ、
今年から品質・ラベル共に大幅リニューアル。
この秋押さえておきたい一本。
④一念不動 生酛純米は
これだけ夏酒ですが、しっかりと旨味が乗った
奥行きのある一本。
こういうのは季節関係なく、いつでも欲しいです。

次回は9/23の予定です。
シーズン最終回!
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年8月のステップアップ和飲塾

8/23はステップアップ和飲塾でした。
本来なら先々週の開催でしたが、
メンバーさんのご都合でこの日に。
今回のテーマはメンバーさんからのリクエストで
「しっかりめの」ワイン。
独断と偏見で敢えて白オンリーで揃えました。

まずは前半。右から
①ビアンコ・ディ・クストーザ/モンテ・ディ・ロアリ
②グレケット・ウンプリア/カンティーナ・ライナ

①ビアンコ・ディ・クストーザ/モンテ・ディ・ロアリは
イタリアの自然派ならではの独特な風味。
爽やか一辺倒でなく、深みも奥行きもある一本。
②グレケット・ウンプリア/カンティーナ・ライナは
今流行の「オレンジワイン」。
オレンジワインの製法ならではの
赤ワインっぽい一面が随所に出てます。
コレ、ブラックグラスで出したら面白いかも。

そして後半。右から
③コート・デュ・ローヌ“リュー・ディ・クラヴァン”/ジュリエンヌ
④クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン/ニコラ・ジョリィ

③コート・デュ・ローヌ“リュー・ディ・クラヴァン”/ジュリエンヌは
ジュリエンヌ独特の何よりも深い味わい。
相変わらず、さすがジュリエンヌ。
もう、その言葉で十分。
④クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン/ニコラ・ジョリィは
自然派のワイン極み「ニコラ・ジョリィ」。
オレンジワインよりも濃い色でした。
何気に和食と良く合うクーレ・ド・セラン。
飲み方の幅が広がりそうです。

最後はブラインド・テイスティング。
正解はCh.ラ・ラズカマン。


次回は9/13です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年8月のワインサーキット・プレミアム

8/16はワインサーキット・プレミアムでした。
7月はお休みだったので、二ヶ月ぶりです。
今回のテーマは、ここんとこ暑いので「泡」で。

まずは前半。右から
①デラウェア・スパークリング/葡蔵人
②ロヴェル・ブリュット レゼルヴァ
③フィジィ・ミシュカ/ヴィンツェレール

①デラウェア・スパークリング/葡蔵人は
山梨県産のデラウェア種を台東区で発酵させたワイン。
デラウェア種ならではの独特の香り・風味は食事によく合います。
②ロヴェル・ブリュット レゼルヴァは
本格シャンパーニュと同じ製法で作られ、程よい熟成感を伴ったハイコストパフォーマンスな一本。
今日のラインナップの中ではやや凡庸ですが、内容的には申し分無いです。
③フィジィ・ミシュカ/ヴィンツェレールは
ハンガリー産のケーク・フランコシュ種というブドウから出来たフリサンテ(微発泡)。
柔らかい風味がどこか際立つ逸品です。

そして後半。右から
④クレマン・ド・ブルゴーニュ/ヴィトー・アルベール
⑤クレマン・ド・ロワール/ピエール・ビーズ
⑥ブラン・ド・ブラン レゼルヴ/ド・スーザ

④クレマン・ド・ブルゴーニュ/ヴィトー・アルベールは
ピノ・ノワール種から作られたスパークリング。
クラシックな感じは安定の味わい。
⑤クレマン・ド・ロワール/ピエール・ビーズは
シュナン・ブラン種から作られたスパークリング。
シュナン・ブラン種独特感じがグイグイ飲み干してしまいます。
⑥ブラン・ド・ブラン レゼルヴ/シャンパーニュ・ド・スーザは
シャルドネ種から作られた本格シャンパーニュ。
しっかりと練られた熟成感が風味そのものの深みを増してます。
さすがはスーザ!

最後はブラインド・テイスティング。
正解はラ・ポエム/セネシャリエール

次回は9/20。
シーズンラストです。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

旨辛バル

旨辛バル、はじまりました。

今年は「旨辛」のバル。
この暑さにもってこいの企画。

当店のバルメニューは
山椒ビールとコロナビールのセットです。

沢山のご来店お待ちしております。

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年6月の和酒友の会

7/1は和酒友の会でした。
本来ならば6/24の開催でしたが、メンバーの方のご都合でこの日に。

まずは前半。右から
①麒麟山 夏酒
②瑞冠 超辛口 純米山田錦70 中汲み 生貯蔵酒

①麒麟山 夏酒は
香りを嗅いだ瞬間に「お、アル添」と分かります。
当然、辛く、飲みごたえタップリ。
「コッテリしたものを食べる夏には、コレ!」と
言わんばかりの酒です。
②瑞冠 超辛口 純米山田錦70 中汲み 生貯蔵酒は
辛口だけど、しっかり味がある酒。
シャープな麒麟山に対して、ボリュームで勝負する酒。

そして後半。右から
③栄光富士 菫露威吹 純米大吟醸 無濾過生原酒
④まんさくの花 超限定 純米大吟醸

③栄光富士 菫露威吹 純米大吟醸 無濾過生原酒は
丸みのある、ふくよかな 純米大吟醸。
けっして辛口ではないですが、
その分飲んでてホっとする風味。
④まんさくの花 超限定 純米大吟醸は
もはや半期に一度の当店ド定番。
安定の美味しさです。
ある意味「酒主体で、肴をあとから考える」タイプ。

次回は8/26です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR