FC2ブログ

2019年3月のワインサーキット・プレミアム

3/15はワインサーキット・プレミアムでした。
今回で半分。
次回からの半分は泡モノやナイスな白で楽しみましょう。

まずは白・ロゼ。
右から
①ラ・ドンセラ・ロサド/ボデガス・ファミリア・コネサ
②ラ・ボエム/セネシャリエール
③ピノ・グリ/ジェラール・エ・ブルーノ・シュラー

①ラ・ドンセラ・ロサド/ボデガス・ファミリア・コネサは
ラムネやチェリーの香りがフレッシュなロゼ。
酸味と甘味のバランスが素晴らしく、
清々しさ満点。春に限らず、一年中美味しく飲めます。
②ラ・ボエム/セネシャリエールは
今では「自然派ロワールワインの巨匠」の登り詰めた
マルク・ペノの渾身の一本。
果実美とミネラル感の融合がハンパないっす!
③ピノ・グリ/ジェラール・エ・ブルーノ・シュラーは
こちらは「自然派アルザスワインの巨匠」の作品。
微かな発泡が飲みやすさを醸し出してます。
エレガントで奥行きの深い味わい。

そして赤。
右から
④ヴィン・イ・レジェンデス/セラー・ロナデレス
⑤コート・シャロネーズ“ラ・ディゴワンヌ”/ヴィレーヌ
⑥シノン“リュイスリー”/フィリップ・アリエ

④ヴィン・イ・レジェンデス/セラー・ロナデレスは
赤いフルーツと程よい樽の香りが素晴らしくマッチしてます。
やや多めのタンニンがグッと味わいを引き締めます。
⑤コート・シャロネーズ“ラ・ディゴワンヌ”/ヴィレーヌは
ロマネ・コンティの共同経営者のワイン。
何とも言えない深みと旨味がズッシリきます。
⑥シノン“リュイスリー”/フィリップ・アリエは
完熟したカベルネ・フランを極上に仕上げたシノン。
世界的なワイン評論家J.ロビンソンがブラインドで
「ボルドーの格付けワイン」と間違うほどの内容。

最後は恒例のブラインドテイスティング。

正解は
アンジュ・ヴィラージュ“シュール・シスト”2016/Ch.ピエール・ビーズ。

次回は4/19。
お楽しみに!
スポンサーサイト

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年3月のステップアップ和飲塾

3/8はステップアップ和飲塾でした。
今回でシーズン14最終回。
なので(?)、変わり種をブッこんでいきます。

まずは前半。右から
①ラ・ドンセラ・ロサド/ボデガス・ファミリア・コネサ 
②ヴィン・イ・レジェンデス/セラー・ロナデレス

①ラ・ドンセラ・ロサド/ボデガス・ファミリア・コネサは 
香りは華やか、味はフルーティ&クリアで、
言うことナシのロゼ。
桜の下で飲みたい一本。
②ヴィン・イ・レジェンデス/セラー・ロナデレスは
果実系と植物系の香りが程よいバランスで香しい。
そんなナイスな香りのあとにパワフルなテイストが。
エキセントリックなラベルはそこを表現してるのでしょうか。
なかなか秀逸なプリオラートです。

そして後半。右から
③ラ・ボーダ/ドーピアック 
④スーヴェニール・ダンファンス/クロ・バガテル

③ラ・ボーダ/ドーピアックは
貫禄タップリの南仏グランクリュ。
最初はモカの風味ですが
時間の経過と共に果実、ミネラル、植物などの
複雑な風味。
④スーヴェニール・ダンファンス/クロ・バガテルは
これまた秀逸なVDN.
ハチミツをかけたブルーチーズにズバっと合いました。

最後は恒例のブラックグラス・ブラインドテイスティング。
正解は①。

正解者はSさんご夫妻、Yさん、Kさん奥様。
おめでとうございます。

次回からは「ブラックグラス」ではなく、
普通のブラインドテイスティングになります。

来月から新シリーズ。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年2月の和酒友の会

3/4は和酒友の会でした。
本来ならば先週2/25の開催予定でしたが、
ウチの勝手な都合で本日になりました。
今月のテーマは「お燗酒Part.2」。

まずは前半。右から
①鶴齢 本醸造
②立山 特別本醸造

①鶴齢 本醸造は
バッキバキの本醸造。
良くも悪くも「酒呑みの酒」。
暑くなるほどに辛味が増していきました。
②立山 特別本醸造は
常温では酸味が残ってましたが、
熱を加えると酸味がみるみる減っていき、
人気は飛び切り燗で。

そして後半。右から
③大山 特別純米酒
④誠鏡 番外 無濾過生詰 雄町80

③大山 特別純米酒は
今回のラインナップで最もなバランス系。
どの温度帯も素晴らしく、
かなりのヴァーサタイルな酒。
④誠鏡 番外 無濾過生詰 雄町80は
常温か飛び切りのどちらかに映える
不思議な酒。
個人的には熱いほうが好みでした。

次回は今シーズンの最終回。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年2月のワインサーキット・プレミアム

2/15はワインサーキット・プレミアムでした。
今回のテーマは「イタリア」。
ベタなヤツからエキセントリックなヤツまで。

まずは白。右から
①カヴィ/アリオーネ
②ソアヴェ・クラシコ/クラッコ

①カヴィ/アリオーネは
サッパリしながらも、十分な味わい。
これからイチオシになるワインです。
②ソアヴェ・クラシコ/クラッコは
辛口過ぎず、滑らかな風味。
エレガントな余韻が際だちます。

そして赤の前半。右から
③アックイ/アンドレア・エ・ステファノ
④ネロ・ディ・トロイア/アンギウリ

③アックイ/アンドレア・エ・ステファノは
ドルチェットならではの華やかな香り。
重たさはありませんが、決して軽くはなく、
程よい飲み口。
④ネロ・ディ・トロイア/アンギウリは
トロっとした香り・風味が特徴。
暑すぎない樽のイメージが丁度良いです。

赤後半。右から
⑤ペコラネーラ/テヌータ・グリッロ
⑥カセ・ヴィア・シラー/フォントディ

⑤ペコラネーラ/テヌータ・グリッロは
かなり独特な風味。
熟成から来る何とも言えない枯れた香りが
虜にさせます。
⑥カセ・ヴィア・シラー/フォントディは
20年経ったとは思えないパワフル感。
さすがはフォントディ。

最後は今月のブラインドテイスティング。
正解は「ル・カリニャン/ドーピアック」。

次回は3/15です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年2月のステップアップ和飲塾

2/8はステップアップ和飲塾でした。
今回のテーマは「熟成酒」。
10年以上熟成したワインを飲み比べます。

まずは白。右から
①ミュスカデ“ニュイタージュ”2004/マルク・ペノ
②アルザス・ゲヴュルツトラミネール2004/ジェラール・シュラー

①ミュスカデ“ニュイタージュ”2004/マルク・ペノは
そもそも早飲みのミュスカデ、他所のだったら熟成はおろか、
さっさと売ってしまうのが鉄則なのですが、
かのマルク・ペノのは違います!
ニュイタージュ
(このドメーヌ独特の醸造方法で、
マセラシオン・ペリキュレールの一種)の作用により、
旨味と深み、さらにワインに長寿を授けてます。
②アルザス・ゲヴュルツトラミネール2004/ジェラール・シュラーは
素晴らしい黄金色。
ゲヴの熟成酒って、かな~~り独特で複雑です。
余韻も果てしなく深く、永し。
旨味もなおいとおかし。

そして赤。右から
③ル・ネ2004/Ch.マンスノーブル
④レ・バスティード2001/アルキエ

③ル・ネ2004/Ch.マンスノーブルは
熟成にすべて支配されてない感じがナイス。
程よいフルーツ感が残ってて、ベストなタイミングでした。
④レ・バスティード2001/アルキエは
貫禄漂う風味。
ここまでいくと、完全にグランクリュ。
あと10年待っても良さそう。

最後は恒例のブラックグラス・ブラインドテイスティング。
正解は④。

正解者はYさん、Kさんダンナさん。
おめでとうございます㊗️🍾🎉🎊

次回は3/8。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年1月の和酒友の会

2/4は和酒友の会でした。
本来なら先週の開催だったのですが、
メンバーの方のご都合でこの日に。

今月・来月と、テーマは
この会名物の「お燗酒」です。
常温・ぬる燗・熱燗・飛び切り燗・燗冷まし、と、
同じ酒の違った温度帯を同時に飲み比べます。
(お燗番のボクはてんてこ舞いですが)
まずは前半。右から
①真澄 純米酒 奥伝寒造り
②大七 純米生酛

①真澄 純米酒 奥伝寒造りは
全体的にバランスがとれてましたが、
ぬる燗が人気でした。
②大七 純米生酛は
個人的には熱めの熱燗・飛び切り燗が好みでしたが、
ここも人気はぬる燗。
バランス系の酒はぬる燗がウケました。
納得と言えば、納得な結果。

そして後半。右から
③司牡丹 純米 超辛口 船中八策
④春鹿 生酛純米 超辛口 原酒 鬼斬

③司牡丹 純米 超辛口 船中八策は
そもそもの常温から辛く、
どの温度帯も良かったのですが、
ココは飛び切り燗のクリーミーっぽさに軍配が。
④春鹿 生酛純米 超辛口 原酒 鬼斬は
熱めの温度帯に人気が。
で、熱燗が一番人気でした。

「お燗酒飲み比べは」は
毎回、それぞれに発見があります。
酒の温度帯のハナシはモチロン、
食べ物との相性とか、飲みたいときの気分とか。

次回は3/4です。
次回も「お燗酒Part2」。
お楽しみ!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

今年も行ってきました!

今年も行ってきました。
さっき帰って参りました。
栃木県佐野市の第一酒造さんへ。

今年は暖かい!
立春じゃないみたいだ!

そして恒例のこれ。
佐野ラーメンの名店「山銀」さんのラーメン。

去年はミソラーメンでしたが、
今年はレギュラーに戻しました。
勝手知ったる安定の美味しさ。

帰り際に虹が。

これはいい事の前兆だ!

開華 立春朝搾り
720ml ¥1600(税別)

残り僅かです。
お早めに!

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年1月のステップアップ和飲塾

1/25はステップアップ和飲塾でした。
メンバーの皆様、今年もよろしくお願いします。

まずは白。右から
①コドロンキオ アルバーニャ・ディ・ロマーニャ/モンティチーノ・ロッソ
②トレ・オルディネール/パトリック・ユグ・ペグ

①のコドロンキオは
香りは甘やかな感じもしながら、
味わいはキュっと締めるとこが上質感タップリ。
②のトレ・オルディネールは
奇跡的にブショネ(コルク臭)が出て、
正常なワインと飲み比べました。
輸入当初の風味とガラっと変わり、
トンがったとこが抜けて
かなりイイ感じに。

そして赤。右から
③レクサントリック/グレゴリー・ギョーム
④ワイン・エクスプロージョン/パスカル・シモニュッティ

③レクサントリックは
「ここのワイナリーのワインってブラインドテイスティング殺し」と
つくづく思い知らされる内容。
ここにかかると
「自然派とはブドウ品種の個性を超える造り?」という疑問が湧いてきます。
④ワイン・エクスプロージョンは
その自然派ワインど真ん中。
近頃の洗練された自然派ワイン感がコレにはあります。

最後は恒例のブラックグラスブラインドテイスティング。
正解は③。

正解者はSさん奥さん、Kさん奥さん。
おめでとうございます!

次回は2/8です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2019年1月のワインサーキット・プレミアム

1/18はワインサーキット・プレミアムでした。
今年もよろしくお願いします。
今回のテーマは「店主の気まぐれセレクション」。
飲んでみたいワインを気まぐれでチョイスしました。

まずは白。右から
①コドロンキオ アルバーニャ・ディ・ロマーニャ/モンティチーノ・ロッソ
②トレ・オルディネール/パトリック・ユグ・ペグ
③ユトピィ/ル・クロ・デ・ジャール

①のコドロンキオは
香り高く、バランスがとれた逸品。
余韻も長く、なかなかの上物感タップリ。
②のトレ・オルディネールは
輸入当初の風味とガラっと変わり、
大分いい感じに仕上がりました。
今日飲むまで「ユグ・ペグ、無いわ・・・」と思ってましたが、
こうなるんならハナシは別です。
③のユトピィは
ボリューミーな白。
丁度いい甘みと、最後の苦味は
上質感がダダ漏れです。

そして赤。右から
④レクサントリック/グレゴリー・ギョーム
⑤アレグリア/ヴァラ・デゾール
⑥オー・ボン・クリマ サンタ・マリア・ヴァレー ピノ・ノワール

④のレクサントリックは
メルロー100%とは思えないビオ風味。
ビオ好きには持って来いです。
好き嫌いが分かれるワイン。
⑤のアレグリアは
サンソー100%とは思えないエレガント感。
そもそもパワーはしっかりあって、
その上のエレガント感なので、
上手に作れば、品種の差は無くなる、
というのが結論。
⑥のオー・ボン・クリマは
1998年モノなので、
完全に上級ブルゴーニュワイン感満載。
さすがはジム・クレンデネン。

最後はブラックグラス・ブラインドテイスティング。
今回は出題範囲が
「店にあるすべてのワイン」というリクエストなので、これに。
ワイン・エキスプロージョン/パスカル・シモニュッティ。

今回から「ワインの当てっこ」というのではなくなり、
「ブラインドテイスティングからの議論の場」という感じに。

次回は2/15。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

2018年11月の和酒友の会

11/26は和酒友の会でした。
今年最後の会なので、
テーマは「純米大吟醸」。
すべて純米大吟醸です。
たまには豪勢にいきませんと。

まずは前半。右から
①甲子 酒々井の夜明け
②栄光富士 闇鳴秋水

①甲子正宗 酒々井の夜明けは
少しガスを残した新酒系純大吟。
売りであるフレッシュさが心地よいです。
②栄光富士 闇鳴秋水は
出羽の里を38%まで磨いた超ハイコストパフォーマンスな一本。
滑らかな風味がたまりません。

そして後半。右から
③ 加賀鳶 極上原酒
④出羽桜 一路

③加賀鳶 極上原酒は
原酒ならではの強さを感じます。
後味の辛さは、様々な料理と合いそう。
④出羽桜 一路は
まさしく「The純米大吟醸」。
あっという間に杯が空になってる、そんなお酒。

次回は来年1/28。
当会名物のお燗酒飲み比べです。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR