FC2ブログ

さらば、我が青春のプロシード・マービー

さらば、我が青春のプロシード・マービー。

君はまさしく僕の青春そのものだった。
出会った頃、
こんなに長く一緒にいるとは思いもしなかった。
20代・30代・40代、
結婚や出産、沢山の人との出会いと別れ、
さまざまな成功と幾つかの絶望、
人として、肉体と精神、
確実な変化とともに君と走ってた。
なのに、50才になった途端、
まさか最初の故障が致命傷なんて。
今まで数えきれない思い出をありがとう。
これからの人生にも確実に語り継がれる。
いつまでも君は燦然と輝き続ける。
スポンサーサイト



Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

金木犀

今年も金木犀の香りが芳しい季節になりました。

この時期にこの記事を載せるのはもう何回目でしょう。
春の沈丁花と秋の金木犀の香りは
季節の変わり目を「嗅覚」という器官を使って
とても強く人々に訴えます。
世の中におかしな流行り病のせいでカオスが来ようとも、
どこ吹く風さ、って勢いで颯爽と鮮やかな香りを振りまいてる
ファンタジックな現実を悦べる
日々でありたいものです。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

クイズでワイン通

店の引き出しの奥から出てきた何年も前の読みかけの本。

クイズでワイン通
作:葉山考太郎

葉山考太郎さんは、日本のワインライターです。
本業は某メーカーのエンジニアのかたわら、
『ヴィノテーク』『ソムリエ』などのワイン専門誌をはじめ、
一般情報誌のワイン特集などでも執筆をされてて、
自らを、おちゃらけワインライターと名乗るように
軽快な語り口を持ち味としており、
ついスノッブに陥りがちなワインというテーマながら
ワイン初心者にも優しい文章を発表しています。

かつて葉山考太郎さんの本をひたすら読み漁った時期がありました。
葉山さんのワイン本はかなり特殊でとても興味深い内容です。
読んでいていつも「この人、すげ~なぁ・・・」と感心してしまいます。
この本は10年くらい前に読みかけてて、
半分くらいのとこでしおりが挟んでありました。
せっかくだし、久々なんで
(間違いなく読んだトコの内容は忘れてるので)、
最初っから読み直して、
仕入れた知識をどっかでひけらかしたいと思います(笑)

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

今年の夏も

今年の夏にもコレの世話になります。
桐灰 シャツクール

アイスノンの「シャツミスト」と共に、
猛暑にはコレらに限ります。
衣服の上からシュっとひと吹き。
みるみるうちに涼しくなります。
肌に直接吹きかけてはいけません。
痛くなりますのでご注意を。
夏は好きだけど、35℃オーバーはカンベン。
せいぜい31~32℃くらいの暑さが懐かしいです。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

埼玉西武ライオンズの謎

埼玉西武ライオンズの特集だったので久々に買っちゃいました「Number」。
※とくにライオンズファンってワケではないのですが。

まだ球団名に「埼玉」が付かない時代、
1980年代、広岡達郎監督・森祇晶監督の元、
確実に常勝軍団に昇り詰めていく様子を目の当たりにして、
そこから約40年、とても興味深い事案がありました。
「何故、監督や選手、時代が変わっても強くい続けられるのだろう?」と。
初優勝してから37シーズン、リーグ優勝18回、日本一10回。
何度かはBクラスの年はありましたが、
(それでも37シーズンでたった5回!最下位ナシ!)
いつの時代も強豪球団のイメージがあります。
(個人的な感想です)
この本のページをめくってもめくっても、
その時代時代のスター選手の記事で、
それがまあ、数もさることながら、
ず~~~~っと年代として途切れることがない、
って事に驚きです。
YouTubeの「里崎チャンネル」でもやってましたが、
ドラフト・編成に優れてるんでしょう。
誰か(どこか)、その辺の「球団強化のヒミツ」的なとこ、
取材して、番組なり本なりにしてほしいなぁ。

(西鉄・太平洋クラブ時代はまだボクが生まれてない、
もしくは記憶がないので割愛することをご容赦ください)



Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

レジ袋有料化

税務署からこんなお達しが届きました。
「レジ袋有料化Q&Aガイド」。

七月から今までフツーに配ってたレジ袋を有料化にしなければいけないそうです。
一部のスーパーやコンビニでは前倒しで有料化してる店もあります。
ガイドを見てみると
「海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、
プラスチック製買物袋の有料化を通じて、マイバッグの持参など、
消費者のライフスタイルの変革を促すことが目的です」とありました。
確かに、納得させられる問題ではあります。
なので、当店でも有料化を実行します。
・・・正直、疑問に思う点もあるにはありますが。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

THE NEW ABNORMAL/THE STROKES

THE STROKESの待望のニューアルバム出たから即ゲット。

THE NEW ABNORMAL/THE STROKES

THE STROKESらしい、
ツインギターならではのアルペジオ中心のリフの曲もありながら、
今作はキーボードも多めのテクノ調な曲がが多いも、
ガッツリとTHE STROKES節全開で個人的にはかなりお気に入りな一枚。

ボーカルのジュリアン・カサブランカスは音楽誌のインタビューにて
「自分の中で4番目に好きなアルバム」との事。
それは、褒めてるのか?納得いってないのか?

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

ホントなら今頃

ホントなら今頃、
この八重桜の下、桜祭りで盛り上がってたのに。

耳の裏がマスクのストラップで痛くなるの、
慣れてきたのが変なカンジ。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

いつの間にか

ウチの横にいつの間にかタンポポが育ってました。

もう蕾が出来てて、
あとどれくらいで花が咲くのでしょうか。
誰も水やりをしてたわけではないのに、
ここまで育ったのだから、
あとは花が咲いて、綿帽子が飛んでいくまで
じっくり見守ろうとおもいます。
今の、おかしな世の中で、
こういうささやかな良いことを見つけて、
少しでも前向きに、と。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

野村克也氏

先日惜しまれつつお亡くなりになった野村克也氏の特集だったので、
久々に「Number」買っちゃいました。

テスト生でプロ野球選手になり、
守りの要のキャッチャーでありながら
戦後初の三冠王にもなり、
プレイングマネージャーもやり、
4球団で監督もして、
リーグ優勝5回、日本一3回、
クイック投法・投手分業・ギャンブルスタートなど
今では一般的になった独自の戦法の考案、
一流選手を何人も育て、
時には選手を再生させ、
日本プロ野球界において
確固たる地位を築いた唯一無二の人物。

様々なご意見はあると思いますが、
個人的には「尊敬」の一言しかない方です。
野球のみならず、人生において
深い教えのお言葉が沢山あります。
数々ある名言のなかで一番好きなのが
「負けに不思議な負け無し、勝ちに不思議な勝ちあり」です。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR