FC2ブログ

漢ラーメン 室@錦糸町

7/4のラーメン部活動。

漢ラーメン 室@錦糸町

4月にオープンしてたのは知ってましたが、
コロナショックのど真ん中だったので、
漸く今になって来訪。

ラーメン 中 ¥800

ガッツリ家系。
注文時のコールは
麺:硬め・味:濃い目・油:多目で。
味:濃い目はやり過ぎでした・・・。
普通で十分。
豚骨の臭みは殆ど無い、マイルドな家系。
麺・スープ・具材、のバランスは他の家系と比べても上位にいきます。
また一つ錦糸町にナイスな店が。

次は何処に行こうかな・・・。
スポンサーサイト



Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

札幌麺や 鬼てつ@一之江

6/29のラーメン部活動。

札幌麺や 鬼てつ@一之江

存在そのものは大分前から知ってましたが、
何故だか、タイミングやら気分やらが合わなくて
今頃の来訪になりました。

さっぽろ味噌らーめん¥780+大盛り¥100

かなり本格派の札幌味噌ラーメン。
こんな近くにあったなんて!
スープ・麺・具材、全てが本格派。
「とりあえず、サクッと札幌味噌を食べたくなったら」、ココだ!

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

昆布の塩らーめん専門店 MANNISH@蔵前

6/21のラーメン部活動。

昆布の塩らーめん専門店 MANNISH@蔵前

コロナショックのド真ん中にオープン。
それでなのか、暫く無休らしいです。

昆布の塩らーめん¥850+大盛り¥100

屋号に偽り無し!
昆布の風味がタップリ効いた、キレイな塩スープ。
デフォルトでも十分に深み・奥行きがあって美味しいのですが、
店主オススメの昆布酢なる調味料を入れると、
昆布の風味が増してナイスな味変になります。
麺は中太ストレート。
太さが不揃いなので、スープの絡み・食感が絶妙です。
鷄チャーシューもこのスープ・麺にバッチリ合ってます。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

麺・粥 けんけん@立石

ラーメン部活動番外編。

麺・粥 けんけん@立石

漸くコロナショック禍からの約2ヶ月の半強制的休業からの沈黙を破り、めでたく営業再開。

下町味噌ラーメン ¥900

ココのラーメンも定期的にカラダが欲する、
ボクの、そして立石のソウルフード。
休業中のテイクアウトのジャージャー麺も美味しかったですが、
やはりコレが食べたかった!
「いつでもフツーにラーメンが食べられるって事は、実は幸せな事」って事を分らせてくれた事が
コロナショックから無理矢理教えられた事実。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

一力@立石

ラーメン部活動番外編。

一力@立石

コロナショックの影響で約2ヶ月の強制的休業が
6月で漸く明け「待ってました!」喜び勇んで行ったら、予想通りの?まあまあの行列。
いつもなら「また今度・・・」と、別の店に行くところ、
2ヶ月間、ココのラーメンに飢えてたので、
2ヶ月に比べれば、多少の待ち時間なんて!

ホルモンメン¥800+替え玉¥100

相変わらず、安定・納得の旨さ。
最近、歳のせいで量を沢山食べられなくなったのですが、
この瞬間の為に昼飯も少な目にしたので、替え玉も。
やはり、月に一度はコレ食べないと!
カラダが欲しますもんで。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

大島@船堀

ラーメン部活動番外編。

大島@船堀

オープン以来の来訪なので、丸々7年ぶり。
「ここは繁盛店になるだろうな・・・」といった予想を大きく上回る、今では超一流店。
このコロナショック下の営業で
「なるほど、やっぱり!」と改めて納得しました。

味噌ラーメン大盛り¥950

前回来た時、醤油ラーメンだったので、
今回は味噌にしようかな、と思ってたトコ、
コロナショックの影響なのでしょう、
メニューが狭められての営業で、
ほほ強制的に味噌を選択。
個人的味噌ラーメンランキングが動かざる得ない、
相当なクオリティの味噌ラーメン。
スープ・麺・具材、完璧な出来・バランス。
ラーメンそのものは美味しいのは知ってましたが、
今回感心したのは、ホスピタリティとオペレーションの良さ。
「ただただラーメンが美味けりゃいいんだろ」というトコが全く無い、
提供する商品・お客様に対する態度・段取りの良さ、
全てが整っての大いなる顧客満足度。
流石の一言。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

喜多方ラーメン 中田@船堀

ラーメン部活動番外編。

喜多方ラーメン 中田@船堀

コロナショックの下、来訪できる店が限られてるので、
「行ける時に行かないと」とスピリッツで。
そもそもここは日曜日定休で、レギュラーの活動では行けないので、
休日に釣りに行った帰りに寄り道して。

喜多方ラーメン¥690+麺大盛り¥150-クーポン券¥50

とても綺麗な喜多方ラーメン。
脂分は殆ど無く、色も薄いですが、味はシッカリ。
程よい塩味で、魚介系の出汁がふんだんに出てます。
サッパリしてますが、物足りない事はありません。
麺は喜多方ラーメンならではの太めの縮れ麺。
ワシワシ感はなく、絶妙な硬さの、チュルっとした喉越し。
塩味に太麺を合わせるも、バランス感はバッチリ。
チャーシューはロース部でスープに合ってます。
シンプル目ですが、満足度は充分です。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

成竜@新小岩

4/19のラーメン部活動。

成竜@新小岩

コロナショックの影響で夜営業してるかどうか確認の上、ココへ。
ここにきて、20:00過ぎに営業してる店が限られてきました。
速やかにラーメンを食べて、すぐ帰宅を心がけて。

ラーメン¥700+替え玉¥100

最初の麺の硬さは「バリカタ」、
替え玉は「コナオトシ」で。
分かりやすい典型的な博多長浜ラーメン。
ウチからチャリで7,8分で行けるので、
なんかあったときの「抑え」的な店。
安定した旨さがあるので、定期的に行きたくなります。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki@新小岩

4/12のラーメン部活動。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki@新小岩

コロナショックの影響で夜営業してるかどうか確認の上、ココへ。
すぐ近くの「麺屋 一燈」の元系列店。
今では系列から独立して独自の方向に向かってるそうです。
(クーポンなどの系列でのサービスは継続中)
今年明けてすぐのオープンだったのは知ってましたが、
「きっと暫くは行列がスゴイんだろうな」と思い、
コロナショックで空いてそうな今のタイミングでの来訪。

鴨出汁つけそば¥900+麺(大)¥100

ココの売りはつけ麺もラーメンも「鴨出汁」。
そもそもココは「つけ麺 一燈」なので、
ホントはラーメンでいきたいトコですが、
敢えて鴨出汁つけそばで。

流石は一燈グループから独立するだけはあります。
かなりの出来のつけ麺。
そんじょそこらのとは一枚も二枚も上をいきます。
まずは麺。平打ちのストレート。
ワシワシ感はなく、モッチリなのにチュルンとした喉越し。
そしてメインの鴨出汁つけダレ。
これはかなりの素晴らしさ。
こんなの食べたことないです。
あまりの美味さにつけダレだけを啜ってしまいました。
適度な濃厚さがあって、鴨の出汁がよーく効いてます。
具材もバランスよくそれぞれの役割を果たしてて、
全て於いて高得点。
これ食べたら、ラーメンもますます食べたくなった!

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

豚骨一燈@小岩

4/5のラーメン部活動。

豚骨一燈@小岩

いくつか行こうとしてた店がコロナショックの影響で夜営業をしてなかったので、
営業してるかどうか確認の上、ココへ。

濃厚魚介つけ麺¥830+中盛り¥50

以前に来た時はカレーラーメンを食べたので、
今回は看板のつけ麺を。
納得の旨さ。
つけダレ・麺・具材、全てが文句無し。
つけダレは濃い~けど、クドさ・無駄な甘さは無く、深い奥行き。
麺はチュルンとした喉越しとモチっとした食感、
チャーシュー・メンマ・味玉は全て良い出来。
経営が変わったようで、
カレーラーメン・カレーつけ麺がメニューから消えてるのは悲しいですが、
このつけ麺があれば問題無し!

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR