FC2ブログ

金冠黒松 純米協会八号酵母

あまりにも寒い!!
そんな日が暫く続く予報なので、
「お燗酒五番勝負」としまして、
当店オススメの「熱燗にするならこれでしょう!」という
清酒を5銘柄ご紹介します。

まず一発目は
金冠黒松 純米協会八号酵母
1800ml・・・¥2100
720ml・・・・¥1050
DVC00523.jpg
幻といわれる協会八号酵母を使用して仕込んだ純米酒。
酸味と濃醇な味わいが特徴です。
精米歩合80%で、お米の旨みがありどっしりとした味わいです。
飲みつけるとクセになるお酒です。
お燗するとさらに独特の風味が楽しめます。


メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

スポンサーサイト

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

らーめんしょっぷ 中吉@綾瀬

2週間ぶりの1/29のラーメン部は
らーめんしょっぷ 中吉@綾瀬
DVC00516.jpg
F氏の提案で急遽行くことになった「中吉@綾瀬」、
どんな感じの店なのか全くのノーイメージでした。
どんなメニューがあるのか、どんな系統のスープが売りなのか、
全然見当がつかないまま店内へ。
券売機には結構沢山メニューがありましたが、ここの一番人気らしい
牛すじらーめんにしました。

牛すじらーめん(大盛りぶっかけニンニク入り・暖かい)
¥800
DVC00515.jpg
食券を店員さんに渡すと、
「ぶっかけにしますか?」「大盛り無料ですよ」
「暖かいの?冷たいの?」「ニンニクは入れますか?」
矢継ぎ早に質問が飛んできます。ここは色々自分の好みにカスタマイズ注文ができます。
「どっかでこんな感じあったな・・・」と思い、
着丼すると、まあ、見事なスタミナガッツリ系!

「これでもか!」と乗ってる牛すじが柔らかく味ものってて、旨いのナンノ!
写真で見てもお判りのように、スープが見えません。
スープの味が甘辛なので、必要以上によそってません。でも十分に足ります。
見た目に違わぬ、ガッツリぶり。
見事なガッツリに一瞬、二郎インスパイア系か?と思いますが、
ここのは完全オリジナル。
「すっげ~腹減った・・・」となったら、必ずやここを思い出すでしょう。
トータルバランスや満足度は十二分です!

・・・でも、私も41才、次に行くとしたら1ヶ月くらいは間を置きたいかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

自然派ワイン

現在、ワインセール中なので、ワインをお買いあげ頂くお客様に
沢山お越し頂いているのですが、
よく「オーガニックのワインってどれですか?」とか
「自然派ワインはどれですか?」というご質問を頂きます。

そもそも「自然派ワイン・オーガニックワイン」というものの
定理としては結構曖昧だったりもするのですが、
あえてここで分かりやすい目印の一部を。

まずは“AB”マークの
「AGRICULTURE BIOLOGIQUE」
(アグリカルチュア・ビオロジック)
DVC00511.jpg

「ECOCERT」
(エコセール)
DVC00512.jpg
ここまではいわゆる『ビオロジック』という、有機栽培ぶどう使用ワインの代表的な
認定機関のマークです。これらマークがついているラベルのワインであれば、
まず大丈夫。もちろん、他にもあって
・NATURE & PROGRES(ナチュール・エ・プログレ)
・BIO FRANCE(ビオ・フランス)
などもそういった機関です。
(まだまだありますが、ここでは割愛させていただきます)

そして、この「DEMETER」(デメテール)は
さらに一段キビシイ『ビオディナミ』の認証機関。
DVC00514.jpg
これがついてれば言うことナシ!!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

エアメール

フランスからエアメールが届きました。
送り主は我らが直輸入ワインのフラッグシップ的ワイナリー、
「Ch.ド・ランガラン」のオーナー姉妹の一人、コンスタンスさん。
DVC00508.jpg
(写真右の方。ちなみに左が妹のディアンヌさん。真ん中がウチの恵美子さん)
DSC02981.jpg
コンスタンスさんは昨年までガンで入院していました。
その時、拙い文でしたが、励ましの言葉を贈りました。
先日、ようやく退院できたようで、
その言葉に対するお返事です。
DVC00509.jpg
「エミコ、ヨシノブへ
皆さんの応援のおかげで、気持ちを強く持つことができ、
病気を治すことができました。
温かいメッセージを送ってくれて、本当にありがとう。
ビズを込めて。
コンスタンスより」

近年ではパソコンでのEメール、もしくは携帯電話でのメールが
やりとりの主流ですが、自筆の手紙、ましてや、エアメールとなると、
受け取った方はグっときます。


Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

セール中!

昨日から始まりました
いせいの「決算ワインセール」、
店内はこんなカンジでやっております。
DVC00505.jpg
ここでは敢えて商品名は伏せますが、
10品以上、50%OFFの商品がございます(27日現在)。
どうぞお早めに!
DVC00489.jpg

Tag:イベント情報  Trackback:0 comment:0 

上喜元 純米大吟醸生酒

本日のオススメ清酒は
上喜元 純米大吟醸生酒
720ml ¥1998
DVC00500.jpg
この時期だけの純米大吟醸の「生」。
・・・限定品なので、
売り切れ御免!もう10本くらいしかありません・・・。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


本日からワインセールで~す。
はやくも完売御礼の目玉品もあります。
お早めに!
DVC00489.jpg

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

ラビトス・ロワイヤル

本日は珍しくスイーツのご紹介。

ラビトス・ロワイヤル
¥680
DVC00501.jpg
説明は写真の通りです。
「大人のチョコ」って感じ。

是非、ご賞味下さい!

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

セールは木曜日から。
現在、目玉ワインの選考中・・・。
DVC00489.jpg

Tag:食品  Trackback:0 comment:0 

リースリング・ル・ヴェール・エ・ダン・ル・フリュイ

本日のオススメワインは(久しぶり!)、

リースリング・ル・ヴェール・エ・ダン・ル・フリュイ/ジェラール・シュラー
¥4500
DVC00490.jpg
このキュヴェは、グラン・クリュ「ペルシックベルグ」のリースリングが格下げされたもの。
シュラーなりに“完熟”させて収穫して造ったところ、AOCの試飲検査で「らしくない」として
「グラン・クリュ」に認められず、特別なキュヴェ名を付けました。
直訳すると、「グラスは果実の中にある」という意味で、
そこにはワインはぶどうそのものを尊重して造るべきだという考えが込められています。
と同時に、Le verre (グラス) と同音異義語である Le ver (イモムシ) を掛けて、
「果物の中にいるイモムシ」という意味も込められており、
「ペルシックベルグ」の語源である“桃”をラベルに描き、
「虫が入るくらい熟した」というジョークを効かせたデザインのラベルになっています。

強烈に凝縮した果実の香り。
熟したトロピカルフルーツや白桃、花が混ざった風味が強い。
同時にミネラル感があって、構成がしっかり取れています。
辛口なのに甘いニュアンスがあって、豊かなコクと果実味の長い余韻。

ウチの恵美子さんが2010年9月に訪れて以来、
猛烈なお気に入りワイナリーに。
DSC02534.jpg

このワインも安くなります!
いせいのワインセール。
DVC00489.jpg

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

ワインセール

毎年恒例、
「決算ワインセール」を
1/26(木)~1/29(日)
開催します!
DVC00489.jpg
是非のお越しを!!

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:イベント情報  Trackback:0 comment:0 

ワイン・サーキット・プレミアム2012年1月

1/20(金)は毎月恒例のワイン・サーキット・プレミアム。
今回のテーマは「ボルドー&ブルゴーニュ」
当店のワイン企画ではあまり取り上げないボルドー&ブルゴーニュですが、
『ま、たまにはいいかな・・・』と気まぐれ的にやっちゃいました。

まずは
アントゥル・ドゥ・メール2009/Ch.ヴィニョル(左)
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ
“レ・モン・ド・ボンクール”/ガショ・モノ(右)
DVC00485.jpg
アントゥル・ドゥ・メールは爽やか、
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュはまろやか、と、それぞれの良さを確認しながら
赤ワインへ。

サヴール・ヴェリターブル ピノ・ノワール2009(左)
ニュイ・サン・ジョルジュ2006/ガショ・モノ(右)
DVC00486.jpg
ここで「ブルゴーニュの赤くらべ」といきたいところですが、
ここはやはり「ワイン・サーキット・プレミアム」、
敢えてブルゴーニュを続けずに、『ピノ・ノワール繋がり』は保ちつつも
“王道”ブルゴーニュのピノvs“新興”ラングドックのピノで。
繊細さ・複雑さ・余韻などはさすがブルゴーニュ、一日の長。
力強さ・果実味では、さすがに南国ラングドックに分が?
(でも、価格は何倍もニュイの方が高いし・・・。どちらを選ぶかはその時財布と相談?)

それぞれの良さを確認しつつ、ボルドーの赤へ。
ルイジエンヌ2007/Ch.ヴィニョル(右)
Ch.デュ・グラン・ムエイ2004(中央)
Ch.メリニャン2005(左)
DVC00487.jpg
本来ならば「ガッツリ・カベルネ・ソーヴィニヨン勝負」といきたかったのですが、
たまたまというか、偶然というか、どういう訳か全てメルロー主体の物ばかりに
なってしまいました。ま、それはそれで・・・。
ルイジエンヌとCh.メリニャンは割と早い段階から美味しく頂けたのですが、
Ch.デュ・グラン・ムエイが本来の風味を出してくれるのに時間がかかりました。
(最終的には美味しく、本来の姿を見せてくれました)

たま~には、
「ワイン界の鉄板モノを一同に介す企画もいいなぁ・・・」と思いました。
40才も過ぎると、かつて好んでいた「超ガッツリ系」のガチガチ赤ワインが
キビシクなってきまして、今更ながら『ピノ・ノワールっていいなぁ』と感じますから。

次回は2/17。
さあ次はナニをだそうかな・・・。

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR