オー・キャトル・ヴァン・ロゼ/クロ・バガテル

シリーズでご紹介しております、
「春のオススメのロゼワイン」。
その第6弾。

オー・キャトル・ヴァン・ロゼ/クロ・バガテル ¥1575
DSC05415.jpg
しばらく前まで、
サンソーやカリニャンは品質の良くないブドウと見なされていました。
皮が薄くて破れやすく、収穫時期の雨の被害を受けやすかったり、
色づきも薄く、タンニンはやわらか過ぎるなどの理由で、
上質なワインはできないと思われていたからです。

しかし実際には、サンソーやカリニャンもきちんと栽培し、
醸造すれば、軽やかな果実味でほんのりスパイスの風味もあり、
魅力たっぷりで甘美なロゼワインにもなりえる品種である、
ということがここ、クロ・バガテルで実現されました。

色合いは木イチゴのようなピンク色。
サクランボのような果実を凝縮させたような香り。
ミネラル感もたっぷりで、とても表情豊かです。
味わいはゆったりと厚みのある印象だが、余韻には爽やかな酸味が残ります。

魚のグリル、野菜やエビの天ぷら、うなぎ、薄切りサーモン、
マグロのカルパッチョ、鱈のタルタルソース添えなどに合います。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

戦力分析

3/29、プロ野球が開幕しました!
今年もこれで各球団の戦力を分析だ!
「プロ野球スカウティングレポート2013」
「セイバーメトリクス・リポート2」
DSC05501.jpg
右の黄色い本、
「プロ野球スカウティングレポート2013」。
これはタダの選手名鑑ではありません。
各球団の選手一人一人の能力が分析されている内容の本です。
この「プロ野球スカウティングレポート」シリーズが発刊されて
4,5年たちます。(ボクは初年度から買ってます)
発刊初年度こそNPBからの全面的な協力があったのですが、
掲載内容が他の選手名鑑とは大幅に違った、
かなり細かい分析内容が掲載されていた為、NPB側が難色を示し、
2年目以降、NPBの協力は一切なくなりました。
しかも、ゴタゴタを嫌がったのか、出版元も替わる始末。
(2年目の「プロ野球スカウティングレポート」の前書きに書いてありました)

そして今期から購入した新たな資料、
「セイバーメトリクス・リポート2」。
日本のプロ野球をセイバーメトリクスで考える
分析愛好家の考え方がわかる分析リポート集です。
2011年秋に公開された映画『マネーボール』で紹介され話題となった
アメリカ生まれの統計学に基づく野球の新しい分析手法「セイバーメトリクス」。
そのセイバーメトリクスに精通した分析愛好家が
日本のプロ野球に関する各テーマについて検討したリポート集です。
 ・新しい野球分析手法が導き出したテーマに対する見解
 ・見解を導き出すまでの思考の過程
 ・分析における指標の選び方や使い方
 などを知ることができます。
これを完全に理解できれば、ボクも和製ビリー・ビーン?

とにかく、
プロ野球好きの方にはオススメの二冊です!
(といっても、かなりマニアックな方に限りますが・・・)

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

一念不動の会

3/27、池袋の硯屋さんにて
「一念不動の会」に参加してきました。
DVC00290.jpg
「一念不動」とは、「蓬莱泉」でおなじみの
関谷酒造さんが立ち上げ新ブランドの清酒です。
「吟醸工房」という蔵を新たに設けて、
「蓬莱泉」とは少し違ったコンセプトなお酒です。
DVC00291.jpg
集まったのは関東近郊の若い酒販店さんばかり。
皆さん、アツク語っておられました。
ボクもなんとか負けじと付いていきました。
でも、ボクが42歳で一番年上でした・・・。
・・・そもそも、42歳はもう若手ではない気がします・・・。
DVC00292.jpg
若干39歳、新進気鋭の荒川杜氏と。
酔っぱらってるせいもありますが、
ボクはなんて顔して、何処をみてるんでしょうか・・・。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

ル・マゼ・ロゼ/ドメーヌ・ドーピアック

シリーズでご紹介しております、
「春のオススメのロゼワイン」。
その第5弾。

ル・マゼ・ロゼ/ドメーヌ・ドーピアック ¥2320
DSC05413.jpg
ロゼとは思えないほど複雑な香りと味わい!
グロゼイユ(スグリ)や木イチゴ、スパイスや
燻したような香りまで感じられます。
口中でもふくよかな果実味が口いっぱいに広がり、
コクもしっかりしています。

ピザ、寿司、ポン酢でいただくしゃぶしゃぶ、ミネストローネ、
シェーブルやカマンベールチーズなど、
あらゆる料理に合わせやすいロゼ。
少し高めの8~10度で飲む方が、豊かな香りと味わいが楽しめます。

当店ではすっかり定番になった人気ワイン。
昨年末の大試飲会にて人気上位になったのも
記憶に新しいところです。

是非ご賞味下さい!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ



Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

WBC侍ジャパンの天国と地獄

またまた、また買っちゃいました、「Number」。
だって「WBC侍ジャパンの天国と地獄」なんてサブタイトル、
買わずにはいられないでしょ!
DVC00286.jpg
しかも、表紙が井端ですよ!
「・・・こんな事が起きてたのか・・・」と
思わず唸ってしまう記事が満載でした。
それにしても、初めて3号連続で買っちゃったな、「Number」。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

和酒友の会・シーズン2最終回

3/25は和酒友の会・シーズン2の最終回。
最終回には恒例の「スペシャルなお酒」がでます。
今回の「スペシャル」は・・・、

右から
①鶴齢 特別純米 越淡麗 生原酒
②蓬莱泉 純米大吟醸「空」 生(非売品)
DVC00288.jpg
①の鶴齢の越淡麗は唯一のレギュラー品。なので、
出す順番に困りましたが、ほかのスペシャル品の特性を考えたら
おのずとトップバッターになりました。
さすがの生原酒、いきなり強烈な香りがドーン!とやってきます。
味わいも濃く、本来だったらもう少し後に出したい一本。
②の「空」生は非売品な為、ラベルがありません。
皆さん、コレの香り・味わいに引き込まれてました。
まさしく「カラダに染み込んでいく酒」です。
一番最初に空になりました。

そして後半。
右から
③加賀鳶 山廃純米吟醸 15BY
④甲子正宗 純米吟醸「APPLE」生(非売品)
DVC00289.jpg
③の加賀鳶は蔵人のN氏からの提供です。
いわゆる「9年モノ」。タップリとした熟成香で
かなり上級者向けな味わい。
「こちらは食中酒でだしてください」とのご指示でしたので、
焼き鳥・つくねと合わせました。バッチリ!
④の甲子正宗「APPLE」も非売品。
なのでラベルは蔵人の手書きです。
リンゴ酸を沢山含んでいるので「APPLE」という名前。
本来ならば「甘口の酒」となる日本酒度ー20なのですが、
リンゴ酸がうまい事バランスをとっているので、爽やかな味わいに。
これは「食後の〆の酒だな」と思い、最後にしました。

皆さん、総じてお気に入りになったのは②と④。
①と③は「一緒に飲む人・シチュエーション・食べるもの」を選ぶため、
お好みが割れました。
ま、そういうことをワイワイ言いながら
お楽しみ頂くのがこの会の趣旨なんですけど!

次回からは「シーズン3」。
4/22開催です。お楽しみに~!


Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

加賀鳶 純米大吟醸「藍」しぼりたて

久々のオススメ清酒。

加賀鳶 純米大吟醸「藍」しぼりたて
720ml ¥2100
DSC05461.jpg
大吟醸の中汲みだけの贅沢な生原酒。
契約栽培した酒米の最高峰「山田錦」のみを使用し、
丹念に仕込んだ純米大吟醸の、
なめらかで最も旨みのある部分「中汲み」の
風味をそのまま封じ込めたしぼりたての生・原酒です。
残り僅かです。お早めに!

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

春のウインドー

今更ですが、店のウインドーを
春ヴァージョンに替えました。
DSC05434.jpg
テーマは「酒たちのお花見」だそうです。
そう言われて、マジマジと見て、
「『酒たちのお花見』って、ナニ飲むんだろ・・・?」と
ただひとり、考えてしまいました・・・。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

レ・フィエフ・ロゼ/ヴィエイユ・ジュリエンヌ

シリーズでご紹介しております、
「春のオススメのロゼワイン」。
その第4弾。

レ・フィエフ・ロゼ/ヴィエイユ・ジュリエンヌ ¥1988
DSC05417.jpg
摘みたてのサクランボをかじったような、
プチプチした果実味のとってもジューシーなワイン。
香りも爽やかで、青空の下で飲むのに最適です。
桜の下なら、美味しさ倍増?!

パーカーポイント100点を二年連続で獲得した
「ヴィエイユ・ジュリエンヌ」が造り出す、
ハイクオリティーなロゼです。
様々なシチューションに合うのが強みです。

是非ご賞味下さい!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

焼き芋

ウチのお迎えの八百屋さんでは毎年冬になると
焼き芋を売り始めます。一個¥300。
DSC05433.jpg
焼き始めるとめっちゃいい匂いがするんですよね・・・。
大体長さ25~30センチくらい、太さも直径7,8センチのビッグサイズばかり。
そして、ナント言っても、甘い!
ウチの女性陣は定期的に食べてます。
・・・でも暖かくなってきたので、そろそろ焼き芋売りも終了です。
お店のヒトに聞いてみたら、「3月中はやってるよ!」ですって。
ちなみに、焼き芋の次は「じゃがバター」を計画中だとか。
芋の種類は変われど、ウチの芋ずくしパターンは暫く崩れません?

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR