FC2ブログ

麺処 糀や@堀切

4/29のラーメン部は「区内強化月間」の為、堀切へ。

麺処 糀や@堀切
DSC05587.jpg
近隣には「らーめん大」「天照」などの兄弟店が。
堀切はチョットしたラーメン激戦区です。
「中華そば 清水」って提灯がかかってますが、
昼間は「中華そば 清水」として違った系統のラーメンを出してるらしいです。
メニュー見たら、ソッチのほうが気になったりして・・・。

糀やラーメン¥700+大盛り¥100
DSC05585.jpg
魚介系のスープ。味に丸みがあるので、何種類かの野菜も煮込んでるんでしょう。
チャーシューはロース系。イイカンジの歯ごたえ。
メンマも柔らかく、程よい味付け。
・・・あれ、この麺、もしかして、「ラーメン大」の・・・?
だったら大盛りにしなかったのに!
実はここ、饂麺(うーめん)という、ラーメンのスープにうどんを入れる
メニューもあります。なので、「牛すじカレーうどん」がメッチャ気になりました。
次回は「中華そば 清水」のときか、「牛すじカレーうどん」だな・・・。

次は何処に行こうかな・・・。
「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

スポンサーサイト

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

ボルティーグ/ミレーヌ・ブリュ

先日お会いしたミレーヌ・ブリュのワインのご紹介。

ボルティーグ/ミレーヌ・ブリュ ¥3680
DSC05531.jpg
ミレーヌにとって初ヴィンテージである2008年のみの限定生産。
グルナッシュが最大限まで熟すのを待って収穫したため、
アルコール度が非常に高くなりました。
醗酵がなかなか終わらず、春になり気温が上がると酵母菌が再活動…
ということを数年繰り返し、2011年春にようやく完了。
一時は酸化したような香りが強かったのですが、
終わってみると熟した果実の風味たっぷりの、
非常にグルナッシュらしい素晴らしい香りに変わっていたため、
ビン詰めすることにしました。
「ボルディーグ」とは、地元のセットという街に架かる橋の名称。
自宅から畑へ向かう間にあるミレーヌお気に入りの橋。
その周辺で、ラベルに描かれているマグロなど、多くの魚の漁や養殖が行われてます。
・・・ボクにはマグロでなく、鯉に見えるのですが・・・。

濃い色調で、厚みを感じさせる外観。
アルコール漬けのプルーンやカシスのような濃厚なベリー系果実の熟した香り。
口に含むと非常に滑らかで、柔らかいビロードを思わせる質感。
グルナッシュ独特のボリューム感が心地良く、
少し甘みさえ感じさせるほど豊満な味わいで、バランスも素晴らしいです。
今飲んでも美味しく、熟成した時どうなるかも楽しみなワイン。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

ガリガリ君・ワンコインセット

ボクはほぼ毎日「ガリガリ君」を食べます。
これはもう何年も続く、日課みたいなモノです。
大体、昼食後に一つ食べます。
DSC05548.jpg
去年の秋頃に「ガリガリ君リッチ・コーンポタージュ味」というのが
発売され、巷で話題になりました。
そして、当時は一瞬で市場から消えてしまうほど大ヒットでした。
この4月から「ご好評により再販」ってカンジでしょうか。
コーンポタージュ味が売り出されました。
当時から「・・・味、ビミョー・・・」って意見がありましたが、
ボクは結構好きでした。
店頭に並んでるのをなにげなく
「あ、またこの味出たんだ・・・。ちょっと買ってみるかな・・・」と
「ガリガリ君はちみつレモンスカッシュ味」を4個、
「ガリガリ君リッチ・コーンポタージュ味」を2個買うと、
見事に¥500!「ガリガリ君・ワンコインセット」の完成です!

・・・って、どーでもいいことでささやかに一人で喜んでしまいました・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

鶴齢 大吟醸生原酒

超レア商品のご紹介。
鶴齢 大吟醸生原酒 720ml ¥2250
DSC05571.jpg
全国でも限られた特約店のみに蔵出しされる鶴齢の大吟醸生原酒は、
年に一度の完全受注生産による限定品です。

原料米には酒米の最高峰に位置する兵庫県東条町産の「山田錦」を
全量に用いて48%まで磨き、14号酵母と地元の霊峰「巻機山」の
伏流水で仕込み、長期低温醗酵によってじっくりと丁寧に
仕込まれた大吟醸の生原酒です。

穏やかでバランスのよい吟醸香、軟水ならではの柔らかな口当たり、
味わいは深く、たっぷりとした旨味とコクを持ちながら、
後味はスッキリとキレのある堂々の味わいです。

生原酒ならではのフレッシュさを持ちながら、
香り、コク、旨味がバランスよく調和の取れた鶴齢らしい美味しさです。

発注数の半分しか入荷がない、超レア商品です。
お早めに!

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

太刀山 純米吟醸

今月から新たにライナップに加わった「太刀山」のご紹介。

太刀山 純米吟醸
720ml・・・・¥1750
1800ml・・・¥2850
DSC05544.jpg
純米と同じく、この時期は「無濾過生」で出荷してくれます。

立ち香は、スっとした爽快な香りと微かにスパイシーな香り。
口に含むと、柔らかい口当たり。
サッパリ心地よい酸に、きれいなのに締まった旨み。
米由来の軽い苦みを伴ったコクがふんわり膨らみ、
その後、やわらかく、旨みのふくらみをスっとした酸と
キュっとした軽快なコク辛さでフッとフェードアウトしていき、
コクと辛さでキレていきます。
軽やかな甘旨みと軽い辛さの爽快感な余韻。
全体的に無駄というか、余分な香りがありません。
個人的に、この手の酒はかなりイイんです!

富山県の同業者F氏に教えて頂いた「太刀山」、
親子二人で造っていて、わずか80石(!)しか生産量がないそうです。
なので、仕込んだ酒は夏にはスッカラカンになってしまうとの事。

この蔵、ヒョッとしたら、大化けするかも知れないですよ・・・!
要チェックです!

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

和酒友の会・シーズン3

4/22は和酒友の会・シーズン3の初回でした。
思い起こせば一年前、皆さんは今とはまるで別人の「呑み手」でした。
回を追う毎にどんどんコメントは冴え、ボキャブラリーは豊富に、
着眼点も変わっていき、進化する様が何ともスバラシイ!
というわけで、また半年間お付き合い頂きます。

今回の試飲酒。
右から
①太刀山 純米
②太刀山 純米吟醸
DSC05569.jpg
①と②の太刀山はこの4月から取引を開始した蔵です。
この時期は「無濾過生」で出荷してくれます。
(頼めば火入れでも出荷してくれますが)
はじめ、グラスに注がれたとき、皆さんのお気に入りは①でしたが、
おつまみと一緒に飲み始めると、②に対するご意見も変わってきました。
「①はそのままもで良し、食事と合わせるなら②かな?」。
コストパフォーマンスも高い「太刀山」、皆さん大絶賛でした。

そして後半。
右から
③水芭蕉 純米生かすみ酒
④まんさくの花 純米大吟醸生原酒
DSC05570.jpg
③の水芭蕉はうすにごりの、やや活性しているお酒。
にごり酒ほど濃くはなく、普通の純米よりもフレッシュ感があります。
僅かに残る微炭酸が辛く、爽やかな余韻に。
④のまんさくの花は季節限定の純米大吟醸。
去年まで精米歩合は50%だったのですが、今年から45%にグレードアップ。
コレには皆さん、ヤラれてました。
「こっれは美味い!!」とまたまた大絶賛。
やはり、純米大吟醸生原酒は美味しいですよね。

よほど皆さんのお口にあったのか「和酒友の会」始まって以来の
ハイペースなお酒の減り方。四合ビン4本、一時間30分もかからずに空に。

次回は5/27。
また皆さんを驚かすような清酒をご用意してお待ちしてます!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

麺工房 ぜん@青砥

4/20のラーメン部、4、5月は「区内強化月間」なので、お隣駅の青砥へ。

麺工房 ぜん@青砥
DSC05568.jpg
ここもオープン当初に来て以来、かなり久しぶり。

香味ラーメン¥700+大盛り¥100
DSC05566.jpg
豚骨・鶏ガラ・丸鶏・野菜を煮込んだスープ。
濃厚ですけど、変な甘味・エグさが全くなく、
味わい深いスープ。
丼の中の左側に浮いてる香味油が
香ばしさとコクを出してます。
麺は中太ストレート。丁度良い喉越し。
チャーシューは脂身がほとんど無いロース系ですが、
ちゃんと煮込まれてて、程よい味付けで、キレイにほぐれます。
炙ってあるのもGOOD!
他にも「海老ラーメン」なるモノもヒジョーに興味をそそりました。
やはり侮れないな、近場・・・。

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:1 

太刀山 純米

先日、試飲した富山の清酒「太刀山」が入荷しました。

太刀山 純米
720ml・・・・¥1180
1800ml・・・¥2350
DSC05542.jpg
今の時期は「無濾過生」で出してくれます。
香りは「無駄をそぎ落とした」といったカンジで、
何ともまろやかで、いいバランス感♪
口に含んでいると、やさしい旨味が顔を出します。
余韻も実にキレイで、杯が進む!進む!ほんと飲んでいて疲れません。
かなり少量しか造らないので、売り切れ御免!の酒です。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

facebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2013年4月のワインサキット・プレミアム

4/19は
2013年4月のワインサキット・プレミアム。
まずは白・ロゼ。
右から
①サヴァジーヌ/ポール・ルデ
②フォジェール・ロゼ/J.M.アルキエ
DSC05562.jpg
①のサヴァジーヌはとても華やか!香りも破裂するくらい溌剌としてて
フルーツ感満載!味わいは深みがあって、後味の苦味が辛口をさらに演出してました。
②のロゼは期待通りでした。前評判がかなり高かったので
「どんなんかな・・・」とやや半信半疑でしたが、ポテンシャルはホンモノ!
美味しすぎるロゼ!是非飲んで欲しい!

そして赤。最初の二本は柔らか目。
右から
③トゥーレーヌ・キュベ・プレステージ/J.プレス
④ボワール・チェ/パスカル・シモニュッティ
DSC05563.jpg
③のキュベ・ロワイヤルはロワールのピノとしては
考えられないコストパフォーマンス。
その内容たるや、下手なブルゴーニュ顔負けです。
④のボワール・チェはスパイシー感バリバリの風味。
グラスに注いだ瞬間は自然派ワイン特有の還元香が少しありましたが、
10分後には消え、みるみるスバラシイ香りに。

更に重た目の赤。
右から
ドーピアック・ルージュ/ドメーヌ・ドーピアック
コート・デュ・ローヌ・ヴァンソーブル/ショーム・アルノー
DSC05564.jpg
⑤のドーピアック、⑥のヴァンソーブル、
共に「The・赤ワイン」というほどのパンチ力。
これぞ赤!といったパワフルな香り・味に皆さん「おお~っ!」と歓声が。
そして、6本全てにファンが付くナイスなバランス。
毎回こういうラインナップ組まないとね!反省・・・。

そして恒例のブラインドテイスティング「ブラックグラスのコーナー」。
正解は②のコート・デュ・ローヌ・ロゼ/ドーマンでした!
DSC05565.jpg
正解者は、K嬢、Y嬢、A嬢のお三方。
今回は当て方が素晴らしかった!お三方、まるでプロのよう?
理論的に香り・味を説明される姿は「お見事!!」の一言です。

次回は5/17。
お楽しみに~!
「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

何気なく、我が家にもありました。

何気なく、我が家にもありました。
村上春樹の新作、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。
DVC00334.jpg
やはり、買ってきたのは高二の娘。
昨年、村上春樹作品を全作読破した彼女にとっては
当たり前の出来事でした。
「もう読んだから、いいよ、読んで」とさらり。
“村上春樹作品を全作読破”する高二女子、
・・・う~ん、なんといっていいものか・・・。
親として複雑・・・。
せめて、20代半ばだったなら・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR