FC2ブログ

ロゼ・デキノックス/ヤニック・アミロ

桜舞い散るこの時期にオススメロゼワインのご紹介。

ロゼ・デキノックス/ヤニック・アミロ ¥3450(税別)

2007年までは醗酵前のスキンコンタクトを12℃で12時間行なって、
複雑さとフルーティーさを引き出した後、ジュースを抜き取り、醗酵させていました。
2008年、息子ブノワの提案により、初めて試験的に1/3を直接プレスで造りました。
そのフレッシュな風味と素晴らしい出来に、オーナーのヤニック氏も驚きました。
そこでこのロゼワインを造るためだけに空気圧式プレス機を購入し、
2009年から100%直接圧搾法で造っています。

2006年ヴィンテージから、「ロゼ・デキノックス」と改名。
「エキノックス」とは、ここでは春分のこと。
毎年このロゼは12月末頃、アルコールが10%ほどに達したところで
一度自然に醗酵が止まります。
そのまま冬を越して、春分の日の前後になると、
また自然に残りの醗酵が始まるため、この名前が付きました。

きれいな桜色。どこか懐かしいドロップのような香り。
さっぱりとして口当たりの良い上級ロゼワイン。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

肉そば むつき食堂@小岩

3/29のラーメン部は一月に出来た新店へ。

肉そば むつき食堂@小岩

3度目のトライでようやく食べられました。
ココの定休日は毎月1日の月一回しかないのに、
ことごとく休みの日に来ちゃってました・・・。
(2月・3月と、1日は日曜日でした)

肉そば 並¥780

「ご飯と一緒に食べて欲しい」というのが
ここのコンセプトらしく、大盛りはありません。
ご飯¥100を注文してもよかったのですが、
敢えて肉そばのみで。
「ご飯に合うラーメン」というと亀有や篠崎、最近では新小岩にも出店した
『おとど』があります。
『おとど』よりもスープは濃く、確かにご飯に合いそう。
かなり濃いめの醤油スープ。
意図的に濃くしてるのでしょう。
麺はやや細めのストレート角麺。
豚バラ肉も上手に味付けされてます。
丼を覆いつくすネギも良いです。
生卵はラーメンを注文するとサービスで何個でもOK。
イメージとしては、濃いめの徳島ラーメン。
スタイルとしては大分振り切っていて、
個人的にはどストライクです。
ご飯注文すればよかった!
ご飯はおかわり自由なので、
「ラーメン¥780+ご飯¥100」が大盛りと考えれば、
まあ、納得かな。

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

魚河岸屋のバーニャカウダ

オススメ新入荷食品のご紹介。

魚河岸屋のバーニャカウダ 145ml ¥980(税別)

「アンチョビ」ではなく、
焼津市の水産加工業者が製造した『カツオの酒盗(しゅとう)』で作られた
バーニャ・カウダです。
「酒盗」とは、カツオの内臓の塩辛です。
「酒盗」をイタリアンに変身させてしまうという面白いアイデア。

和風の食材である「カツオの酒盗」を
「アンチョビ」代わりに使っているから
「魚河岸屋のバーニャカウダ」なんです。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:食品  Trackback:0 comment:0 

九十九里 オーシャンビール

オススメ新入荷クラフトビールのご紹介。

九十九里 オーシャンビール(千葉)
ペールエール ¥420(税別)
スタウト ¥420(税別)
バイツェン ¥400(税別)
ピルスナー ¥400(税別)

素材からこだわります。
一品一品、手造りだからこそ良さがあります。
明治16年創業の歴史と伝統を誇る地酒「寒菊」の蔵元が、
自信を持ってお届けする地ビールです。
アルコール度はどれも5~7%です。
“大量生産によって画一化されたビールの味とはひと味違うビールを”
それが当社の地ビールづくりの原点です。
ドイツ・フランス・イギリスと渡り研究の末に平成9年7月5日、
九十九里オーシャンビールの一号仕込みが始まりました。
ザーツホップにバイツェンシュテフアン研究所の酵母と
あちこち歩き回った末の選択でした。
麦芽・ホップ・酵母・水(清酒仕込水使用)だけを原料とした、
ドイツの「ビール純粋令」に忠実に現在4種類の地ビールを醸造しています。
香りのバイツェン、
味のペールエール、
喉越しのピルスナー、
どっしり旨口のスタウト。
それぞれの持つ特徴が愛飲家の喉をうならせます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:地ビール  Trackback:0 comment:0 

上條淳士作品

探し物していたら、本棚から懐かしいマンガが出てきました。
「SEX」という、20以上前の作品。
ヤングサンデーという雑誌で連載されてました。

上條淳士さんの作品は少年サンデーに掲載されてた「TOーY」で読み始め、
そのスタイリッシュな画風やストーリーにハマり、
それ以降の作品は全て読んでます。
「TOーY」も単行本はあるはずなんですが、現在迷宮入り。
その他「赤×黒」「8」という作品もあります。
「8」が2000年の作品で、それ以降、めぼしい連載作品がありません。

最近ふと思うのですが、
かつてテレビ化・アニメ化するほど大ヒットした
作品をだしたものの、現在では殆ど名前を聞かなくなった漫画家さんて、
何されてるんでしょうか。
印税で生活できてるのかな?
新作は描かないのかな?
なんて余計な事を考えてしまいます。
「ヒトの心配する前に自分の心配しろ!」って言われそうですが。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!



Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

鶴齢 純米吟醸 山田錦 生原酒

オススメ新入荷清酒のご紹介。

鶴齢 純米吟醸 山田錦 生原酒
1800ml・・・¥3500(税別)
720ml・・・・¥1750(税別)

澄み切った水を口にしたような清涼な口当たりと、
新酒でありながら落ち着きのある深みのある酒質は、
鶴齢ならではの味わいを表現。
ファーストアタックから口の中で転がすまでの味わい1つ1つが、
鶴齢の無濾過生原酒シリーズ唯一の純米吟醸クラスであることを思わせる
「格の違い」を感じさせます。
青木社長はかつて、
「何も手を加えていない、
しぼりたて新酒のおいしさを多くの方に知ってもらいたい」、
という気持ちで無濾過生原酒の販売に踏み切りました。
このお酒を飲むと、皆様にもその気持ちがおわかりいただけると思います。
鶴齢の真価を見ることができる、満足度の高い1本です。
少量入荷の為、お早めに!

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

ムリニエ・ロゼ/ドメーヌ・ムリニエ

関東地方も開花宣言が出たことですし、
桜舞い散るこの時期にオススメロゼワインのご紹介。

ムリニエ・ロゼ/ドメーヌ・ムリニエ ¥2190(税別)

半分は直接圧搾、半分はセニエ方式。
明るいロゼ色。香りは、フローラルで繊細かつ上品。
生き生きとしたアタックに続いてフルーツをたっぷりと感じるまろやかな風味。
アペリティフとして。また、寿司や刺身との相性は抜群!
他にも、前菜全般、魚料理や豚などの白身の肉などと一緒にどうぞ。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

2015年3月の和酒友の会

3/23は和酒友の会シーズン6の最終回でした。
最終回なので「吟醸祭り」でいきます。

試飲酒は全て「純米吟醸」レベル以上。
右から
①まると 礎 純米吟醸生酛造り 無濾過生原酒
②出羽桜 純米吟醸 無濾過生原酒

①のまるとは
強いけど、丸く優しい香り・味わい。
飲み応えがあって、微妙なバランスがいいです。
②の出羽桜は
香りがまず秀逸。無濾過生原酒なのにスッキリなのが驚き。
「すべてにおいて優等生」といった印象。

そして後半。右から
③鶴齢 純米吟醸 山田錦 無濾過 生原酒
④加賀鳶 純米大吟醸 藍 しぼりたて
⑤麒麟山 純米大吟醸

①の鶴齢は
インパクトや重さはあるモノの、飲み続けられる銘酒。
シリーズのなかで唯一の純米吟醸の意味をしっかり受け止めました。
②加賀鳶は
強烈な主張。
もはや純米大吟醸だということすら忘れてしまう力強さ。
③麒麟山は
「The淡麗辛口」の一言に尽きます。
かつて全国の酒蔵が目指したスタイルがここにありました。

次回からはシーズン7。
4/27からスタートです。
お楽しみに!
「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

四川担々麺 阿吽@浅草

久々の日曜日でのラーメン部活動。

四川担々麺 阿吽@浅草

今月出来たばっかりの新店。
文字通り、担々麺専門店です。

担々麺¥830+大盛り¥150

辛さは0~6まで選べるので「3」で注文。
辛いのは好きなんですが、汗はガンガン吹き出ます。
屋号に偽りなし、本格的な四川担々麺。
スープは胡麻を中心に、魚介出汁の旨味・深みも感じます。
具のそぼろ肉の処理がまた秀逸。
これにもよーく香辛料を効かせて香り・味にアクセントをつけてます。
そぼろ肉は気を付けてないと、すぐに丼の底にしずんでしまうので、
上手にレンゲで拾いながら食べましょう。
辛くて汗ダクなのに、箸が止まりません。
これはライス、要るな!
ただ、大盛りにしてあの麺量、
コストパフォーマンスが、なぁ・・・。

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

磨千貫 薄にごり

オススメ新入荷焼酎のご紹介。

磨千貫 薄にごり
1800ml ¥2800(税別)

昔ながらの黒麹を使い、手造り甕仕込みという伝統的製法で造らた焼酎。
原料であるさつま芋は、芋焼酎に最適とされる鹿児島県南薩摩産「黄金千貫」。
さつま芋の「芋臭の原因」と言われている物質が多く含まれている
「芋の皮及びその周辺部分」を取り除き、
中心部分のみを使用する磨き造り(みがきづくり)をおこなっています。
磨き造りの特徴を活かす為、もろみの発酵温度を低く抑えて、
香り成分の揮散を極力少なくしてします。
濾過に関しては出来るだけ手を加えず、通常では取り除く油分も残していますので、
香味ともに濃厚でうっすらと白濁しており、
芋焼酎本来の旨味と香りある味わいを持つにごり芋焼酎です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:焼酎  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR