まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 愛亀ラベル

オススメ新入荷清酒のご紹介。

まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 愛亀ラベル
1800ml・・・¥3330(税別)
720ml・・・・¥1720(税別)

春に発売し好評を博した純米大吟醸の亀ラベルに続き、
純米吟醸の1回火入れバージョンの亀ラベルが限定発売されました。
愛亀という名前がついていますが、これは酒米「愛山」と「亀の尾」から。
麹米に愛山、掛米に亀の尾を使用しています。
見た目に楽しいこの亀ラベルで魅惑の酒米ワールドを楽しんでください。

口の中に亀の尾のシャープな味わいと酸味が軽やかに広がったのち、
B酵母(自社酵母)と愛山の甘みをほんのりと感じる、
夏向きの純米吟醸に仕上がっています。
この亀ラベルは限定シリーズで、
まんさくの花の特約店の中でも一部のお店に限られています。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!
スポンサーサイト

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

7/30からの有料試飲ワイン

7/30からの有料試飲ワインのラインナップ。

右から
①バリューオージー 白 ¥100
②イチオシロゼ ¥150
③ミネラルロワール 白 ¥200
④バリュートスカーナ 赤 ¥100
⑤フルーツ感タップリ南仏 赤 ¥150

価格は全て30mlで税込です。
試飲だけでも大歓迎!
お気軽にどうぞ!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

麺屋 7.5Hz@西新橋

ラーメン部活動番外編。

麺屋 7.5Hz@西新橋

ノボリにもありますように、元々大阪で何店か展開してて、
東京初出店がココだそうです。

チャーシューメン 大盛り ¥880

ビジュアルの通り、チャーシューと青ネギがてんこ盛り。
チャーシューは適度な噛み応えのある、味付けされたモノ。
麺は太めのストレート。
麺・ネギ・チャーシューを同時に食べるとバツグンのハーモニーです。
スープはやや酸味のある醤油味。
脂感は殆どなく、ボリューミーなこの一杯もサラッとイケるバランスです。
二郎系とはまた違ったガッツリ感。

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

クマのプー太郎

金町にあるイタリアン「オステリア ルーチェ」のシェフB氏主催の
マンガクラブ「LMC」にて借りた、
LMCメンバーの中で歳が一番近いK氏所有の懐かしい作品。

クマのプー太郎
作:中川いさみ

1990年代初頭「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載されてた四コママンガ。
80年代後半から今日まで、
シュールマンガのオピニオンリーダー的存在はやはり「スピリッツ」。
そのスピリッツの中で
「元氣があってよろしいっ!」「伝染るんです。」「もののふの記」など、
時代に一石どころか、七石も八石も投じる作品が百花乱舞してました。
その中でも「クマのプー太郎」はシュール加減がハンパなく、
四コママンガとして成立してるのかどうかさえ「?」ってカンジなのですが、
とにかく面白かったです。
いま活躍されてるお笑い芸人さん・放送作家さん達は
この辺のマンガに影響を受けた方は多いのではないでしょうか。
何十年ぶりかに読んでみると、
やはりそのシュールさと奇抜な展開に、面白さを通り越して、
感服すらしてしまいます。
・・・そして、いまなら間違いなく発行出来ないヤツも。
これが週刊連載されてたのは、時代のタマモノなのか、
はたまた、スピリッツがトンがり過ぎてたのか・・・?

・・・LMCに参加して良かった・・・!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

ラ・ピオッシュ/ドーマン

少~し冷やして美味しい赤ワインのご紹介。

ラ・ピオッシュ/ドーマン
¥2380(税別)

色調は紫を残した濃いめのガーネット。
香りは芳醇で、ブラックチェリーのコンフィやオー・ド・ヴィのような香りに、
すみれの花、オリエンタルスパイス、ほのかにビターチョコや土、
鉄のようなミネラル香などが調和してます。
味わいはまろやかでふくよかな果実味から、
柔らかな酸味とのバランスがよく、タンニンは豊かで溶け込んでいます。
満足度の高い1本。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

蚊取り線香ではなく・・・?

一般的にいう「蚊取り線香」を買いました。
これには「蚊取り線香」という記載はなく、「渦巻香」となってます。
どうやら「蚊取り線香」というのはアノ会社の登録商標のようです。

節約と防火のために、その場にいなくなるときはスグに消します。
そんなんですから、これ一缶で約ふた夏もちます。
これを焚くのと焚かないのでは、
蚊に刺される度合いが全然違います。
梅雨が明けて、猛暑はキツいなぁ・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

一ノ蔵 特別純米 アルコール15% 原酒

オススメ新入荷清酒のご紹介。

一ノ蔵 特別純米 アルコール15% 原酒
1800ml・・・¥3150(税別)
720ml・・・・¥1570(税別)

このお酒の原料米は、以前、
NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された
宮城県登米町の専業農家、石井稔氏のひとめぼれを使用。

農薬や化学肥料を一切しない農法で安全安心な米を栽培する石井稔氏。
全国米食味分析鑑定コンクールにおいて、
六年連続入賞(うち四年は金賞)に輝き、
全国名稲会「ダイヤモンド褒章」の永久称号を受賞しています。

そのひとめぼれをを使用し、
アルコール15%台で搾ったお酒を加熱殺菌後、
急速冷却させ低温貯蔵させた原酒です。
原酒ながらもアルコール分を15%台に抑えた事で、
ひとめぼれの優しい旨みが感じられる、飲みやすく味わい深いお酒です。

1回火入れの生詰め酒の為、要冷蔵商品となります。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

とんかつDJアゲ太郎

金町にあるイタリアン「オステリア ルーチェ」のシェフB氏主催の
マンガクラブ「LMC」にて借りた、
LMCきっての知性派Y夫妻の所有の作品。

とんかつDJアゲ太郎
原案:イーピャオ
漫画:小山ゆうじろう

渋谷にあるとんかつ屋「しぶかつ」の息子・勝又揚太郎がひょんな事からクラブに入り、
伝説のDJビッグマスターフライに会って一流のとんかつ屋とDJを目指すハナシ。
「豚をアゲるか(揚げるか)、ヒトをアゲるか(上げるか)に大したちがいはねぇ!!
重要なのはオマエがグルーヴを感じるかだ!!」というフレーズで目覚め、
「オレ、とんかつもフロアもアゲられる男になりてえんだ!」と、
とんかつ屋とDJの二足のわらじでいきます。

基本的にクラブシーンのネタがメインですが、ちょいちょいとんかつ屋のネタもあります。
何と言っても小山ゆうじろうさんの画が印象的です。
スクリーントーンどころか、定規も使わない、完全フリーハンドで描いてます。
これは「ナニワ金融道」の青木雄二さん以来の衝撃。
決して美しいとは言えない画風ですが、そこに親しみを感じますし、
何よりそんな描き方なのに(?)、キャラが多彩です。
可愛いコは可愛く、イケメンはイケてるカンジに描けてるトコが何処か不思議。
まだ3巻までしか読んでませんが、
2巻の後半あたりだと最初の画より上手くなってるのがハッキリ分かります。
ストーリー展開もDJモノの世界観を上手に表現してて、
今後も楽しみです。

・・・LMCに参加して良かった・・・!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!



Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

レ・プティ・ボヌール/クロ・バガテル

少~し冷やして美味しい赤ワインのご紹介。

レ・プティ・ボヌール/クロ・バガテル
¥1980(税別)

「私たちは皆、この強い幸せの感覚を知っています。
香りや音、味、はかない一瞬と出会って時間が止まるように思える
とても短い瞬間です。
私は皆様とクロ・バガテルでの20年間のプティ・ボヌール(小さな幸せ)を共有したいのです。」
と、オーナーのクリスティーヌ・ドゥルーズは申しております。

シラーが赤い小さな果実の風味を、
グルナッシュがワインに丸みをもたらしています。
フレッシュな味わいで、さくらんぼやチョコレートのニュアンスと、
滑らかなタンニンが感じられます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

覆麺 智@神保町

ラーメン部活動番外編。
ここ最近、ラーメンネタ多いな・・・。

覆麺 智@神保町

ずうっと前から来たかったのですが、日曜日は15:00までなので、
ヤボ用で近くに来たついでに。

悪い奴 ¥900+大盛り ¥100

(店内で撮影できる雰囲気でなく、実物の写真はナシ)
店に着く前まではレギュラーの「背脂ラーメン智」にするつもりでしたが、
店頭に貼ってあるのを見てコレにしました。
全体的なイメージとしては、がんこ系に近いでしょうか。
トロけるチャーシュー・縮れ麺でそう感じてしまいます。
スープは日によってメニューが変わるらしく、
店主の創作意欲が伺えます。
そのメニューが気になるモノばかりで、正直、一週間・毎日通いたくなりました。
本日の「悪い奴」はカニ出汁で、
濃口醤油スープと強めのカニ出汁が見事にマッチしてます。
チャーシューとは別に、豚バラ肉のうま煮も乗ってて、
トータル的な満足度はかなり高めです。

何気に神保町~水道橋駅の白山通り沿い(並びに界隈)は
アレヨアレヨとラーメン店激戦区。
元々はカレー屋の聖地でもある神保町周辺、
もう目が離せません!

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR