FC2ブログ

ハイサワー パクチー味

ハイサワーでお馴染みの白水社の営業さんが新商品のサンプルということで頂きました。
ハイサワー パクチー味

営業さん曰く、
「巷のパクチー好きの人達は、
普通のチューハイにパクチーを入れて飲んでるようなのですが、
それだとパクチーを沢山使って金額が上がるので、
要望があって商品化しました」との事。
確かに、パクチー好きにたまらない味に仕上がってます。
元々パクチーって、好き嫌いが分かれる食材なので、
嫌いな人には「・・・ナンデコレ・・・!」ってことになるでしょう。
個人的には全然イケます、ハイサワーのパクチー味。
・・・当店でおくかどうかは考え中。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!
スポンサーサイト

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

岳 ~みんなの山~

和酒友の会にご参加頂いてるIさんからお借りした作品。

岳 ~みんなの山~
作:石塚真一

『ビッグコミックオリジナル』で2003年初掲載。
その後、同誌および『ビッグコミックオリジナル増刊』にて不定期連載。
2007年7月からは『ビッグコミックオリジナル』に毎号連載となり、
2012年12号で完結。
小栗旬主演で映画化もされました。

若くして世界の名峰に登頂し、アメリカで山岳救助経験を積んだあと、
日本へ戻り主に北アルプスで山岳救助ボランティアとして活動する島崎三歩。
主な舞台は北アルプスでも最も人気であるとされる、
穂高岳、槍ヶ岳周辺、他に長野県松本市を中心に話が進みます。
登山の楽しさと過酷さを14巻まで一話完結で描かれてます。
15巻から一変、壮大な完結に向けててハナシが進みます。
読む前は
「山登りのエキスパートの主人公による山岳救助のハナシだろうな・・・」
くらいに思ってましたが、
読んでビックリ、内容は予想以上にハードでヘヴィでした。
コレを読むと「生半可に山登りしちゃいけないんだな!」と思います。
石塚さんが描くマンガはどれもアツク、
現在連載中の音楽マンガ「ブルージャイアント」にもハマってます。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

大雪渓 特別純米 無濾過生原酒

オススメ新入荷清酒のご紹介。

大雪渓 特別純米 無濾過生原酒
1800ml ¥2850(税別)

しぼりたての中取り部分の直汲みです。ちょっと微炭酸。
大雪渓酒造さんの目指す酒造りは「呑み飽きしない毎日の晩酌酒」!
穏やかな香りとやさしい調和のとれたお酒で、
まさに食中酒にピッタリ!
しぼりたて独特の微炭酸がとても爽やかです。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2017年6月の和酒友の会

6/26は和酒友の会でした。

試飲酒は右から
①麒麟山 夏酒
②東薫 総の舞 純米吟醸 無濾過生原酒

①の麒麟山は
まさに「夏酒」!
スっとはいって、グイグイいけます。
②の東薫は 
香り風味の華やかさは東薫ならでは。
華やかながら、リーズナブルな価格はコレも東薫ならでは。

そして後半。右から
③鶴齢 純米 超辛口
④鶴齢 特別純米 無濾過生原酒 瀬戸雄町
⑤春鹿 封印酒 純米吟醸 生酒

③の鶴齢 純米 超辛口は
スルっと入っていく飲み口のあとに
ググッ!!とくる辛さは鶴齢らしからぬ?飲み口。
④の鶴齢 瀬戸雄町は
瀬戸雄町ならではの含み香&まろやかさ。
純米 超辛口と飲み比べると、鶴齢という蔵元の深さが覗えます。
⑤の春鹿 封印酒は
終始「フワッッッ・・・」とした風味。
香りも良く、飲み口まろやかで、ドンドン飲めちゃうヤツです。

来月はお休み。
次回は8/28です。
お楽しみに!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

めん処 倖佳@立石

6/25のラーメン部活動。

めん処 倖佳@立石

またまた立石に新店が。
どこも繁盛してほしいです。
ここは他所にはない米沢ラーメン系だそうです。

昔懐かしいらぁめん 醤油 ¥650+大盛 ¥100+煮卵 ¥100

スープは醤油・塩から選べて、
麺は細麺・平打ち麺から選ぶので、
店主オススメの醤油&平打ちで。
スープは見た目アッサリしてそうですが、
出汁もカエシもしっかりしてて、
シッカリした存在感。
平打ち麺との相性がバッチリです。
チャーシューは低温処理らしく、
半ナマで食べたいなら早めに、
後半まで残しておくと、全てに熱が加わり、
シッカリチャーシューに。
トッピングの煮卵の出来も素晴らしく、
卵の味がクッキリ出てます。

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

麒麟山 夏酒

オススメ新入荷清酒のご紹介。

麒麟山 夏酒
720ml ¥1340(税別)

涼やかに香る吟醸香と軽快な味わいの吟醸酒です。
夏にぴったりな心地よい口当たりで、
杯も重ねるごとに澄みきったうまさが広がります。
爽やかなヴェネチアンブルーのボトルを採用し、
涼しげな青に真っ赤な金魚が泳ぐラベルデザインは、
これからのお祭りシーズンにも最適です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

紫陽花

街中を歩いていたら、良い色の紫陽花に遭いました。

ウチの近所では青・紫、時々、白の紫陽花が殆どなので、
ピンクの花びらは少し新鮮でした。
紫陽花の花びらの色は、植わってる土の質によって変わると聞きました。
40代も後半になると、普通に咲いてる花がやけに目に付きます・・・。
来月で47歳。
たばこも止め、食べ物に気を遣う今日この頃です。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

鶴齢 純米吟醸 にごり

オススメ新入荷清酒のご紹介。

鶴齢 純米吟醸 にごり
480ml ¥1200(税別)

「鶴齢」から季節限定商品の、
夏に爽やかに飲める純米吟醸仕様のにごり酒が入荷致しました。
「にごり酒」と名前についていますが、白いオリの部分は少なめです。
最初の一口は思った以上に爽やかでスッキリしたお酒の印象。
日本酒度はマイナスですが、軽快な甘さと酸味が楽しめるお酒です。
炭酸ガスの量も比較的多めで、にごり酒というよりはソーダのようなイメージです。
まるで「大人のカルピスソーダ」。
甘口好みのお客様にお勧めしたい1本です。

【注意】
このお酒はガス圧が高めであるため、
開栓の際に栓もろとも勢いよく噴き出す恐れがあります。
下記を御一読の上、御注文を検討下さい。

・開栓の際、瓶の口を顔や割れ物に向けてないで下さい。【最重要】
シャンパンのようにガス圧によって不意に栓が勢いよく飛ぶ事があります。
その際、飛んだ栓が顔に当たり大変危険です。
瓶の口が顔に向いた状態で開栓されないようお気を付け下さい。

・液面に注意しながらキャップを緩めて下さい。
スクリューキャップを少し緩めて下さい。
そうすると液面が上昇します。
吹きこぼれる手前でキャップを締めて下さい。
液面が下がりガスが落ち着いたら再びキャップを緩めます。
この操作を繰り返し、少しずつガスを抜いて下さい。
落ち着きましたら、グラスに注いで召し上がって下さい。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

ラーメン 一力@立石

ラーメン部活動番外編。

ラーメン 一力@立石

あの「貴生」が帰ってきた!
5月に惜しまれつつ閉店した「屋台ラーメン 貴生」が
鶴見店長の独立という形で見事復活。
しかも、立石でとは、嬉しい限り!

ホルモンメン ¥800+替え玉 ¥100

お!丼が変わった。
相変わらずの安定感。
平打ちストレートの麺、背脂と旨味たっぷりのスープ、
香ばしい味玉、フワッッッフワのホルモン肉。
メニューそのものは殆ど一緒。
・・・あ!替え玉が安くなってる!

鶴見店長ひとりで切り盛りしてるので大変だとは思いますが、
あの味が帰ってきてくれてホッとしました。

次は何処に行こうかな・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

殺し屋–1–イチ

捜し物をしてたらひょんなトコから出てきて、
そこから捜し物を忘れて読みふけってしまった作品。

殺し屋–1–イチ
作:山本英夫

1998年から2001まで週間ヤングサンデーに連載。
当時の「ヤンサン」にはトンがった作品ばかりで、
個人的にはソコが好きだったのですが、
ナンダカンダあって今では「ヤンサン」そのものが休刊しちゃいました。

これはトンガリ過ぎて、確かに子供に見せては行けない作品。
ストーリー、描写、展開、全てが衝撃的。
とはいえ、実写映画化もしてるので、面白いことは面白いんです。
LMCに持って行きたいけど、持って行かない方がいいか・・・。

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!



Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR