FC2ブログ

麒麟山 秋酒

新入荷清酒のご紹介。

麒麟山 秋酒
720ml ¥1350(税別)

まるみのあるやわらかな口当たりと、
豊かな味わいが広がる純米酒です。
心地よいお米のうま味があり、
実り豊かな「食の秋」にぴったりな万能選手です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト



Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2019年8月のステップアップ和飲塾

8/23はステップアップ和飲塾でした。
本来なら先々週の開催でしたが、
メンバーさんのご都合でこの日に。
今回のテーマはメンバーさんからのリクエストで
「しっかりめの」ワイン。
独断と偏見で敢えて白オンリーで揃えました。

まずは前半。右から
①ビアンコ・ディ・クストーザ/モンテ・ディ・ロアリ
②グレケット・ウンプリア/カンティーナ・ライナ

①ビアンコ・ディ・クストーザ/モンテ・ディ・ロアリは
イタリアの自然派ならではの独特な風味。
爽やか一辺倒でなく、深みも奥行きもある一本。
②グレケット・ウンプリア/カンティーナ・ライナは
今流行の「オレンジワイン」。
オレンジワインの製法ならではの
赤ワインっぽい一面が随所に出てます。
コレ、ブラックグラスで出したら面白いかも。

そして後半。右から
③コート・デュ・ローヌ“リュー・ディ・クラヴァン”/ジュリエンヌ
④クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン/ニコラ・ジョリィ

③コート・デュ・ローヌ“リュー・ディ・クラヴァン”/ジュリエンヌは
ジュリエンヌ独特の何よりも深い味わい。
相変わらず、さすがジュリエンヌ。
もう、その言葉で十分。
④クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン/ニコラ・ジョリィは
自然派のワイン極み「ニコラ・ジョリィ」。
オレンジワインよりも濃い色でした。
何気に和食と良く合うクーレ・ド・セラン。
飲み方の幅が広がりそうです。

最後はブラインド・テイスティング。
正解はCh.ラ・ラズカマン。


次回は9/13です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

スカイブルーラベル/パスカル・シモニュッティ

この時期にオススメなワインのご紹介。

スカイブルーラベル/パスカル・シモニュッティ
¥4300(税別)

熟成中、重力により自然に沈殿した澱を除去するだけ。
ワインに溶け込んだ風味を最大限残すため。
爽やかな酸味としっかりしたミネラル感のバランスが良く、
ほんのり甘みを感じる余韻も魅力的です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

甲子正宗 純米吟醸 秋あがり

オススメ新入荷清酒のご紹介。

甲子正宗 純米吟醸 秋あがり
1800ml ¥2900(税別)
720ml ¥1500(税別)

装いも新たに、
今年から五百万石と山田錦を使用した
スッキリとした味わいの純米吟醸を
一度火入れで瓶貯蔵することにより、
柔らかい味わいに熟成させました。
脂の乗った秋の魚などにもよく合うおすすめの逸品です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

ロヴェル・ブリュット・レゼルヴァ/ロベジャ

この時期にオススメなワインのご紹介。

ロヴェル・ブリュット・レゼルヴァ/ロベジャ
¥2000(税別)

熟成から生じる繊細で複雑な香りと辛口で
上品な舌触りを感じる飲みやすいやや辛口タイプのカヴァ。
金色に輝いたトーンの麦色、豊富な小粒の泡が縦に規則正しく立ち、
王冠のように映ります。
魚介類や食前酒として飲むのがオススメですが、
脂質の多いチーズとの相性も良く、
飲みやすいやや辛口タイプのカヴァです。
500年の歴史を持つロベジャ社のスパークリングワインは、
自社葡萄のみを使用しています。
手摘み後、素早く一番ジュースのみを醗酵させています。
スペインならではのセパージュ(ワインのブドウ品種別の混入割合)を
用いた事によりグラン・レセルバのようなアロマや後味を持ちつつも、
カヴァ特有のフレッシュ感を備えています。
カヴァはシャンパーニュと同じ製法で造られる、
コストパフォーマンスの高いスペインのスパークリングワインです。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

土佐山 ジンジャーエール

新入荷飲料のご紹介。

土佐山 ジンジャーエール
辛口・マイルド共に
200ml ¥450(税別)

土佐山ジンジャエールのビン底には生姜の成分が沈殿しています。
この澱は、よく生姜をすりおろしたものだと間違われますが、
生姜をじっくり煮込むことで、生姜の栄養成分が抽出され、固まったものです。
土佐山ジンジャエールをお飲みになる際は、
開栓前に静かにビンを上下に回して、
生姜の澱が均一に回るようにしてからお飲みください。

土佐山ジンジャエールで使用されている原材料は
土佐山でつくられているものばかりです。
自社栽培をしている有機生姜はもちろんのこと、
ゆず果汁は無農薬のものを使い、
日本ミツバチのはちみつや赤唐辛子も土佐山でつくられているものを使っています。
また、水にもこだわり、土佐山の源流域から流れ出す、
平成の名水百選に選ばれた清流・鏡川の水を使っています。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:食品  Trackback:0 comment:0 

らーめん 弁慶@堀切

8/18のラーメン部活動。

らーめん 弁慶@堀切

8/18のラーメン部活動にココを選んだのはちょっとしたワケがありまして、
23年前の8/18、奇しくもその日も日曜日だったのですが、
我が家に待望の女の赤ちゃんが産まれました。
その日に食べてたのがココのラーメンでした。
8/18に日曜日なんて、そのタイミングでは来なきゃ。

ラーメン ¥730

かつてこれの「チャーシュー麺の大盛り」を頼んでたとは、
我ながら『よく食ってたなぁ・・・』と感心してしまいます。
相変わらずの安定した美味さ。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

ラ・ボエム/セネシャリエール

この時期にオススメなワインのご紹介。

ラ・ボエム/セネシャリエール
¥3300(税別)

ラ・ボエムとは、
「勝手気ままな人生を送る人」、「自由人」という意味。
AOCの枠から出て、
自由にワインを造る道を選んだペノ氏の生き方を
象徴するネーミング。
ラベルのデザインは、
世界的に有名なベルギーの漫画「タンタンTINTIN」の作者によるもの。
このワインは、セネシャリエールの中では若いブドウで造られます。
ニュイタージュ(一晩マセラシオン・カルボニック)したものが入る可能性も。

ハチミツのように優しく甘い香りが魅力的。
通常すっきり、さっぱりタイプのミュスカデが多く、
シュール・リーによる複雑性がなかなかのってこないものが多いが、
オーナーのペノ氏のワインはコクと豊かな果実香が特徴。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

2019年8月のワインサーキット・プレミアム

8/16はワインサーキット・プレミアムでした。
7月はお休みだったので、二ヶ月ぶりです。
今回のテーマは、ここんとこ暑いので「泡」で。

まずは前半。右から
①デラウェア・スパークリング/葡蔵人
②ロヴェル・ブリュット レゼルヴァ
③フィジィ・ミシュカ/ヴィンツェレール

①デラウェア・スパークリング/葡蔵人は
山梨県産のデラウェア種を台東区で発酵させたワイン。
デラウェア種ならではの独特の香り・風味は食事によく合います。
②ロヴェル・ブリュット レゼルヴァは
本格シャンパーニュと同じ製法で作られ、程よい熟成感を伴ったハイコストパフォーマンスな一本。
今日のラインナップの中ではやや凡庸ですが、内容的には申し分無いです。
③フィジィ・ミシュカ/ヴィンツェレールは
ハンガリー産のケーク・フランコシュ種というブドウから出来たフリサンテ(微発泡)。
柔らかい風味がどこか際立つ逸品です。

そして後半。右から
④クレマン・ド・ブルゴーニュ/ヴィトー・アルベール
⑤クレマン・ド・ロワール/ピエール・ビーズ
⑥ブラン・ド・ブラン レゼルヴ/ド・スーザ

④クレマン・ド・ブルゴーニュ/ヴィトー・アルベールは
ピノ・ノワール種から作られたスパークリング。
クラシックな感じは安定の味わい。
⑤クレマン・ド・ロワール/ピエール・ビーズは
シュナン・ブラン種から作られたスパークリング。
シュナン・ブラン種独特感じがグイグイ飲み干してしまいます。
⑥ブラン・ド・ブラン レゼルヴ/シャンパーニュ・ド・スーザは
シャルドネ種から作られた本格シャンパーニュ。
しっかりと練られた熟成感が風味そのものの深みを増してます。
さすがはスーザ!

最後はブラインド・テイスティング。
正解はラ・ポエム/セネシャリエール

次回は9/20。
シーズンラストです。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

トランケット/ラ・プティット・ベニューズ

この時期にオススメなワインのご紹介。

トランケット/ラ・プティット・ベニューズ
¥3700(税別)

有機栽培を実施。エコセールの認定も既に取得済。
シスト土壌、またはシストが壊れて風化し、
砂状になっている独特の土壌。
そのシスト土壌特有のミネラルがぎゅっと凝縮し、
旨味たっぷりで素晴らしいワインが誕生します。

シスト土壌からのミネラルを感じ、バランス良く飲みやすい赤ワイン。
グルナッシュで爽やかな魅力を
カリニャンで奥行きをよく出してます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR