FC2ブログ

ラーメン 麺道わがまんま@金町

9/29のラーメン部活動。

ラーメン 麺道わがまんま@金町

6/21にオープンしてたのは知ってましたが、
自転車で行ける気持ちいい陽気の日を狙ってましたら、今頃に。

ポルチーニ香る我飯醤油らーめん¥800+替え玉¥120

このスープの旨さは並みじゃない!
これはスゴイの頂きました!
キノコの旨味が存分に出てます。
澄んだスープですが、バッキバキにパンチ力あります。
麺は細麺ストレートで、こんな力強さと繊細さが融合したスープにもしっかり合います。
具材もキノコ尽くしで、ローストポークのようなチャーシューのなかなかの出来。
チャーシューの上に乗ったペーストを少しずつ溶かしながらたべるのがお店のオススメ。

次は何処に行こうかな・・・。
スポンサーサイト



Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

鶴齢 特別純米 山田錦55% ひやおろし

オススメ新入荷清酒のご紹介。

鶴齢 特別純米 山田錦55% ひやおろし
1800ml ¥3200(税別)
720ml ¥1600(税別)

秋の風物詩「ひやおろし」は、
鶴齢らしい米本来の旨味を引き出した
濃厚旨口で表現するこの時期だけの味わいです。
原料米には、
酒米の王様「山田錦」を全量に使用し55%まで磨き上げ、
協会7号酵母と地元の霊峰「巻機山」 の伏流水にて
仕込まれた特別純米の原酒をわずかに加水し、
一度だけ瓶燗火入れを行って、
夏の間静かに寝かせています。

山田錦の旨味を引き出したしっかりとしたボリュームと
円やかな熟成感、味に深みがあり、
柔らかい旨味と酸が調和する、
味乗りたっぷりの申し分ない仕上がりです。

秋あがりした芳醇な味わいは、
フレッシュでインパクトの強い生原酒とは
ひと味違った旨味がご堪能いただけます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2019年9月のステップアップ和飲塾

9/27はステップアップ和飲塾でした。
今回のテーマはワインサーキット・プレミアムにならって「南仏」。
なんてったって南仏はウチのワイン販売の根幹ですから。

まずは白。右から
①キュピドーヌ/ポール・ルデ
②コート・デュ・ローヌ・ブラン/ジャン・ダヴィッド

①キュピドーヌ/ポール・ルデは
自然派オレンジワインの旨さ爆発。
価格もお手頃で、コストパフォーマンスもバッチリ。
②コート・デュ・ローヌ・ブラン/ジャン・ダヴィッドは
ナイスな感じの熟成感。
しつこくなく、しっとり滑らかな口当たり。
こういうワインをいつも飲みたいモノです。

そして赤。右から
③エストレラ/ヴァラ・デ・ゾール
④レ・テラス・グリエ/ムリニエ

③エストレラ/ヴァラ・デ・ゾールは
カリニャン種100%のエキセントリックな一本。
そのエキセントリックな感じが南仏のいいとこをガッツリ出してます。
④レ・テラス・グリエ/ムリニエは
何気にグレートヴィンテージの熟成とフルーツ感を融合したレジェンドクラスなヤツ。
実際、序盤はおとなしめでしたが、時間の経過と共に実力を発揮する、まさしくレジェンド。

最後はブラインドテイスティング。
正解はボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ/ラフォレ。

正解に限りなく近い解答はお二人いました。

次回から新シリーズ。
メンバーが一人増えます。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

シュヴァリエ・ド・ランガラン/Ch.ド・ランガラン

この時期オススメなワインのご紹介。

シュヴァリエ・ド・ランガラン/Ch.ド・ランガラン
¥1980(税別)

ラベルに描かれているのは、
シャトーの入り口のドアに付いている扉叩き。
「ランガランの素晴らしいワインの世界への招待と歓迎」
の気持ちが表現されています。
またボトルにはラングドック地方の紋章が。
貴婦人に尽くす中世の騎士(=シュヴァリエ)のように、
心地良い果実味と余韻がいつまでも広がる上質なワイン。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

嘉美心 冬まで待てない冬の月

オススメ新入荷清酒のご紹介。

嘉美心 冬まで待てない冬の月
720ml ¥1750(税別)

冬の月の柔らかさをそのまま表現。たっぷり旨味系。
毎年12月に新酒で発売される人気の純米吟醸「冬の月」。
その発売を前に、
「あの冬の月をほどよく熟成させればどうなるの?」な声に
お答えして挑戦した、その名も「冬まで待てない冬の月」(笑)。
上槽後、直ぐに瓶詰め瓶燗。
そして一夏越させた純米吟醸酒。
香りは穏やかな甘さを感じさせ、
とろみを帯びた旨味が上品に口の中に広がります。
それでいて後味はキュッと切れる辛口。
最近疲れたな〜ってな人に呑んで欲しい柔らかタイプ。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

エキリーブル・シラー/ラルジョル

この時期オススメなワインのご紹介。

エキリーブル・シラー/ラルジョル
¥2350(税別)

最初に、スグリの実など赤い果実のニュアンス。
空気に触れると、木イチゴの香りを放ちながらワインが開いてきます。
アタックは丸みがあり柔らかく、若くてもタンニンが溶け込んでいます。
タンニンと酸味のバランスが心地良い。
最後に、プラムや黒い果実のニュアンスがあり、成熟したワインを感じさせます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:食品  Trackback:0 comment:0 

2019年9月の和酒友の会

9/23は和酒友の会でした。
今回のテーマは「ひやおろし」。
各蔵元の秋の酒を飲み比べ。

まずは前半。右から
①大山 特別純米 ひやおろし
②蓬莱泉 特別純米ひやおろし 夢筺(ゆめこばこ)

①大山 特別純米 ひやおろしは
スッキリとシャープな味わい。
クイクイ飲みたいならコレです。
②蓬莱泉 特別純米ひやおろし 夢筺(ゆめこばこ)
香り・味のバランスが最高。
旨味・キレ・風味、どれをとっても言うこと無しです。

そして後半。右から
③誠鏡 純米原酒生詰 ひやおろし
④鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし

③誠鏡 純米原酒生詰 ひやおろしは
原酒生詰だけあって、ボリューム満点。
煮込み系の料理にバッチリ合うひやおろし。
④鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろしは
相変わらずいい意味で「新潟酒っぽくない新潟酒」。
旨味の乗り方が流石の一言。

次回から新シリーズ。
10/28です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

銀座 篝 本店@銀座

ラーメン部活動番外編。

銀座 篝 本店@銀座

半年に一度の有楽町での試飲会、
お楽しみは銀座界隈でのラーメン部活動。
しかも、目指すは超有名店。
午後2時頃の来店だったので、
並ばずすぐに座れました。

鷄白湯SOBA¥1000+大盛り¥100

価格は気になるK点(デフォルトで¥1000)超えですが、
一口食べると納得の内容。
まさしく「鶏白湯の最高峰」。
(個人の感想です)
鶏の旨味をポタージュ状に仕上げる、
唯一無二の一杯。
鶏白湯スープの店で「濃厚さ」を売りにするとこは
チラハラありますが、
ここのは濃厚具合もさることながら、
その他のファクターの要素も高く、
それらのバランスも完璧です。
具材もヤングコーン、フルーツトマト、アボカドなど、
このスープならではのモノばかり。
鷄チャーシューもナイスな出来。
昼間は相当並んでそう。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

誠鏡 純米原酒ひやおろし

オススメ新入荷清酒のご紹介。

誠鏡 純米原酒ひやおろし
1800ml ¥2510(税別)
720ml ¥1320(税別)

冬に造られたお酒は、
春先に火入れ(加熱処理)が施されて蔵の中で眠りにつきます。
夏が過ぎ秋が訪れるころ、
眠っていたお酒は程良く熟成し、
旨味とまろやかさが増したバランスの良い状態になり、
日本酒の最も旨い飲み頃とも言われています。
「ひやおろし」はこの状態のお酒を加熱せず、
そのまま瓶詰めしたお酒です。
穏やかで落ち着いた香りと、深みのある味わいをお楽しみ下さい。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2019年9月のワインサーキット・プレミアム

9/20はワインサーキット・プレミアムでした。
今回のテーマは「南仏」。
当店のワインの根本は南仏にあります。

まずは白。右から
①キュピドーヌ/ポール・ルデ
②ルー・コレグ/グレゴリー・ギョーム

①キュピドーヌ/ポール・ルデは
かなりいい感じのオレンジワイン。
シャサンという、このワイナリーならではのブドウが旨味・深みに効いてます。
②ルー・コレグ/グレゴリー・ギョームは
南仏で作る自然派シャルドネ。
フルーツ・ミネラルが混然一体となって、
旨味に化けてます。

そして赤前半。右から
③アンヴィ/ル・クロ・デ・ジャール
④ファンタスティカ/ヴァラ・デ・ゾール

③アンヴィ/ル・クロ・デ・ジャールは
カリニャン種がメインのエキセントリックな風味。
味も香りもとても独特。
そこが料理とのマッチングを際立たせます。
④ファンタスティカ/ヴァラ・デ・ゾールは
まさしく「ザ・南仏」。
ブ厚いフルーツの風味と複雑な香りは照りつける太陽を浴びなければ出来ません。

赤の後半。右から
⑤エキノックス カベルネ・シラー/ラルジョル
⑥レ・コカリエール・ルージュ/ドーピアック

⑤エキノックス カベルネ・シラー/ラルジョルは
革新を続けるラルジョルの新作。
かつての看板ワイン「カベルネ・ド・ラルジョル」を止めてまで出す新キュヴェは、
ワイナリースタッフの熱いタマシイが伝わる一本でした。
⑥レ・コカリエール・ルージュ/ドーピアックは
我らがドーピアックの高級キュヴェ。
ドーピアックの良さがパンパンに詰まってます。

最後はブラインドテイスティング。
正解はラ・メゾン・ジョンヌ/アルキエ。

来月から新シリーズ。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR