FC2ブログ

まんさくの花 純米大吟醸一度火入れ原酒 超限定

オススメ新入荷清酒のご紹介。

まんさくの花 純米大吟醸一度火入れ原酒 超限定
1800ml ¥3700 (税別)
720ml ¥1850(税別)

春と秋、1年に2回だけ発売される超限定商品
「まんさくの花 超限定 純米大吟醸一度火入れ原酒」です。
価格設定もさることながら、中身にもこだわり抜いた1本です。
麹米に兵庫県産の「山田錦」、掛米に「秋田酒こまち」を使用。
酒米の特徴を出すべく小仕込みで丁寧に醸し上げ、
「純米大吟醸」「生詰(一度火入れ)」「原酒」とお酒が持つ魅力を最大限に表現しました。
全ての日本酒ファンに捧げる1本です。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト



Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

店頭クリスマス化計画第一弾

店頭クリスマス化計画第一弾。
まずは正面ウインドーにリースを。

ローマ教皇にご来日頂きましたから、
クリスマスも盛り上げませんと。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

ルー・コレグ/グレゴリー・ギョーム

この時期にオススメなワインのご紹介。

ルー・コレグ/グレゴリー・ギョーム
¥3800(税別)

収穫してきたブドウは除梗せず、
房ごとタンクに入れて醗酵(=グラップ・アンチエール)。
酵母は添加せず、天然酵母によって自然醗酵。
樽に入れて熟成させるが、新樽は不使用。
醸造中も酸化防止剤不使用。
清澄もろ過もほとんど行わずにビン詰め。

果実味が豊かで、とてもミネラルを感じます。
少し樽のニュアンスも感じながら、とても飲みやすい白ワイン。
巷にあるシャルドネとは一線を画す、
フルーツ感タップリの
深い味わいが楽しめます。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

飛良泉 山廃純米 マル飛 No.15 無濾過生原酒

オススメ新入荷清酒のご紹介。

飛良泉 山廃純米 マル飛 No.15 無濾過生原酒
720ml ¥1750(税別)

人気の飛良泉マル飛シリーズから
無濾過生原酒が発売になりました。
メロンや洋梨の穏やかな香りとふくらみのある味わいに
キレのよさが特徴の「秋田酵母№15 」を使用し、
原料米も秋田県産米にこだわりました。
ジューシー感のある旨味にバランスのとれた
農醇な味わいに仕上りました。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:日本酒  Trackback:0 comment:0 

2019年11月の和酒友の会

11/25は和酒友の会でした。
今回のテーマは「秋の酒PART3」。
今年の最後にひやおろしをダメ押しで。

まずは前半。右から
①東薫 総の舞 純米吟醸無濾過生原酒
②まんさくの花 亀の尾仕込み

①東薫 総の舞 純米吟醸無濾過生原酒は
旨味タップリのコクあり系。
コストパフォーマンスが抜群な一本。
②まんさくの花 亀の尾仕込みは
ボリューミーな飲み口。
味噌系とか揚げ物にバツグンの相性。

そして後半。右から
③常きげん 山廃仕込み純米酒 原酒限定瓶囲い
④開華 プレミアム純米吟醸 遠心分離 ひやおろし

③常きげん 山廃仕込み純米酒 原酒限定瓶囲いは
熟成酒ならではの、発酵食品に良く合う味わい。
チーズには無類のマッチングでした。
④開華 プレミアム純米吟醸 遠心分離 ひやおろしは
キレッキレの風味。
味が乗ってるひやおろしなのですが、
その辺はさすが開華、キレにキレてます。

次回は来年1/27です。
次回から二ヶ月連続、当会名物「お燗酒特集」です。
お楽しみに!

Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

タンタンタイガー@蔵前

11/24のラーメン部活動。

タンタンタイガー@蔵前

前からあるのは知ってましたが、
汁なし坦々麺専門店という事なので、
「今日の気分は汁なし坦々麺!」って日に。

汁なし坦々麺¥880

辛さと痺れを大・中・小から選べて、
お店オススメの中で。
個人的には中で丁度よく、激辛が好きな方には大がいいかも。
辛さ・痺れは後から足せるそうです。
太麺のモチモチ感が絶妙で、
挽肉・水菜・小海老の具材も最高のバランス。
麺大盛りもいいかもしれませんが、
普通盛りの麺を食べ終えた後に小ライスを入れるのもいいかも。

次は何処に行こうかな・・・。

Tag:ラーメン  Trackback:0 comment:0 

Ch.ラ・ラズカマン・ブラン

この時期にオススメなワインのご紹介。

Ch.ラ・ラズカマン・ブラン
¥1800(税別)

白い花や柑橘系果実の爽やかな風味。
辛口だが果実味がたっぷりで、
ステンレスタンク由来のフレッシュさにかすかに甘みが加わり、
とても心地よい白ワイン。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

卓上カレンダー

毎年お客様にお配りするカレンダーを頼んでる業者さんに
サービスで貰う事務用の卓上カレンダー。

父親が生前、執拗に
「今年の卓上カレンダーは?」と拝み倒してたのを見てて、
「そんなに要るか?卓上カレンダー。」
と半ば呆れてましたが、
同じ立場になって卓上カレンダーの必要性をモノ凄く感じます。
大中小・長中短の案件、
公私に及ぶ注意書きが、
ほぼ毎日のように書き込まれます。
コレを貰うと今年もあと少し。
毎年のことですが、一年経つの早いなぁ・・・。

Tag:日常  Trackback:0 comment:0 

サンクトガーレン 麦のヌーヴォー

こちらも解禁しました。

サンクトガーレン 麦のヌーヴォー
el Diablo(右)
Un angel(左)
共に¥1150(税別)

写真右が
“悪魔”という名のel Diablo【大麦のワイン】、
バーレイワインはビール4大大国の1つ、
イギリスを発祥とするビールのスタイルの名前です。

その昔、寒冷でブドウの栽培ができなかったイギリスが、
お得意のビールでワインに対抗してつくったのが、
このバーレイワインと言われています。

“ワインに対抗してつくられた”という通り、
バーレイワインの特徴は、以下2点です。
1.ビールでありながらワイン並にアルコールが高い
2.ワインと同じように月日を経て熟成していく

原料は通常のビールと同じ、麦芽とホップと水のみ。
通常と違うのはその使用量の多さと、熟成にかかる時間の長さです。
ビールはアルコールの高いものを造ろうとすればするほど、
より大量の材料、より長い熟成期間が必要となります。
ビール会社にとってその負担は楽なものではなく、
日本でこのスタイルのビールを造っているビール会社はわずかです。

そして写真左が
“天使”という名のUn angel【小麦のワイン】
ウィートワインは1980年代にアメリカで誕生したとされるビールのスタイルで、
その発想の基になっているのは「バーレイワイン」です。

バーレイワインとの違いは主原料。
バーレイワインはバーレイ(Barley/大麦)
つまり“大麦麦芽”を主原料としているのに対し、
ウィートワインはウィート(Wheat/小麦)
つまり“小麦麦芽”を主原料としています。

小麦は大麦よりもたんぱく質が多いため、
バーレイワインに比べ口当たりが柔らかく、まろやかな印象。
またビールの苦味の元になるホップ使用量も控えめ。
そのため、ホップの鮮烈な苦味が印象的な“悪魔(ディアブロ)”に対し、
麦の優しい味わいを楽しむ“天使(アンヘル)”という位置づけです。

ビールでありながらワイン並にアルコールが高く、
ワインのように月日を経て熟成していく点はバーレイワインと共通しています。

是非ご賞味ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

Tag:地ビール  Trackback:0 comment:0 

2019年ボージョレ・ヌーヴォー解禁

2019年ボージョレ・ヌーヴォー、
本日解禁しました。

夏には40℃以上にも気温が上がって、
一時はどうなる事かと思いましたが、
予想以上の出来で一安心。
一部完売の商品もございますが、
数本は店頭に並んでおりますので、
まだの方はお早目に!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR