FC2ブログ

チョコに合う赤ワインPart.1

ヴァレンタイン・デーが近いので、
「チョコに合う赤ワイン」を2回に分けてご紹介。
タンニン(渋味)って、チョコと相性バッチリなんですよ!

ブルグイユ“ラ・クードライエ”/ヤニック・アミロ ¥2980
DSC06172.jpg
★「ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス 2003年5月号」にて
世界ソムリエコンクール№1ソムリエのオリヴィエ・プッシエ氏が
「ロワールの赤ワイン最高の造り手」と評価。
★「ブルグイユ・ワイン・コンクール2005」において、
他の生産者が最上級キュヴェを出品する 中、
最もベーシックなキュヴェである「ラ・クードライエ」で、最優秀賞を受賞。
★「ロワール・ワイン・コンクール2007」でも「ラ・クードライエ」が金賞受賞。
★フランス最高ワインガイド(旧クラスマン)」など、
多くのガイドブックで毎年高い評価を獲得。
◆パリの二ツ星レストラン「トゥール・ダルジャン」をはじめ、
同じくパリの二ツ星「ラストール」や、
地元ロワール地方の一ツ星「ジャンスリエール」など、
一流レストランでサービスされています。

ラズベリーのような豊かな果実香。
繊細で優雅な飲み口で、柔らかな渋味が広がります(そこがチョコにピッタシ!)。
ツルッとした喉ごしの良い、上品なワイン。
1時間前にデキャンタすると、より円やかになります。


シノン V.V./フィリップ・アリエ ¥5250
DSC06170.jpg
「リュット・レゾネ(減農薬農法)」と呼ばれる栽培方法を基本に、
除草剤や殺虫剤などは一切使わない自然農法を実践。
もちろん畑は全て自分の手で耕し、表面で横方向に伸びる根を刈ることで、
主要な根が地中深くに伸びていくように整えています。
1本の木に残す芽は5~6個で、それ以外の芽は摘んでしまいます。
収穫量は極端に落ちますが、ワインの凝縮度を高めるためには欠かせない作業です。

オーナーのフィリップ氏いわく
「絹のようになめらかな、フレッシュで繊細なワイン」。
豊かで混じりけのない果実の香り。若いうちからでもなめらかな口当たり。
艶やかで、旨味が前面にあふれます。
余韻が実に上品。


ラ・ボーダ/ドメーヌ・ドーピアック ¥6300
DSC06167.jpg
スペイン語で「結婚」と言う意味の「LA BODA」と名付けました。
凝縮感と力強さが特徴の「オーピアック」のムールヴェードル種と、
フレッシュでエレガントなワイン「コカリエール」のシラー種を「結婚」させ、
素晴らしい調和のワインを実現させました。

シナモンやバニラが混ざった魅力的な香り。
フランボワーズとグロゼイユ(スグリ)の果実や、
白コショウ、ケーパー、そして生姜などのスパイシーさや、
カカオのニュアンスも感じます。
口に入れた瞬間に力強い果実味が広がって、フレッシュで味わい深い余韻が長く残ります。

是非、ご賞味下さい!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR