FC2ブログ

2017年3月のワインサーキット・プレミアム

3/17はワインサーキット・プレミアムでした。
暫くフランスワインばかりでしたので、テーマは「ドイツ&イタリア」

まずは白。右から
①ソアヴェ・クラシコ/コッフェレ
②モーゼル・リースリング Q.b.A./ケーヴェリッヒ

①のソアヴェ・クラシコは
爽やかさの中にほのかに苦味。
その苦味が全体の構成をキリっとさせてます。
相変わらずシャープな味わい。
②のモーゼル・リースリング Q.b.A.は
ドイツ・モーゼルのリースリングの典型例。
爽やかでフルーティ、甘味・酸味のバツグンのバランス。
アッというまに空になりました。

そして赤前半。右から
③ドルンフェルダー トロッケン Q.b.A./ジークリスト
④ブリツィンガー・ゾーンホーレ シュペートブルグンダー/ベーリンガー

③のドルンフェルダー トロッケン Q.b.A.は
ドッシリした味わいに濃い色調、
わずかにミントの香りと程よい果実味。
黙って飲んだら「ドイツの赤」とは分からないでしょう。
④のブリツィンガー・ゾーンホーレ シュペートブルグンダーは
熟成された妖艶さを出しながら、
締めるとこは締めるのが
「ピノ・ノワール」ではなく「シュペートブルグンダー」。
もっと寝かせておきたいモノです。

赤後半。右から
⑤ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ/ヴェッキア・カンティーナ・ディ・モンテプルチアーノ
⑥トルナソーレ/テヌータ・グリッロ

⑤のロッソ・ディ・モンテプルチアーノは
ブルニョーロ・ジェンティーレ(サンジョヴェーゼ)らしく、
渋味・酸味・甘味のバランスが素晴らしいです。
これも熟成させたい一本。
⑥のトルナソーレは
完熟したイタリアン・メルローの神髄がありました。
自然派イタリアンのはしりのワイナリー。
流石の一言です。

次回は4/21です。
お楽しみに!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR