FC2ブログ

この世界の片隅に

北千住に移転したイタリアン「オステリア ルーチェ」のシェフB氏主催の
マンガクラブ「LMC」にて借りた作品。

この世界の片隅に
作:こうの史代

戦時中の最も悲惨な時代の広島を
独特のノホホンとした絵柄で描くことによって
一見、普通に暮らしてるかのよう見せ、
独特の世界観により、違う角度での怖さが伝わってきました。
コマ内は定規やスクリーントーンを一切使わず、
ときにはペンをクレヨンや筆に替えて
あくまで手書きのカンジを出し続ける画は
作者の頑なな拘りが読み取れました。
当時の暮らしぶりの解説や、
実際の焼夷弾の説明など、
取材のモノ凄さも垣間見れます。
作者のこうの史代さんはボクの2歳年上で、
作品も2007年に描かれたモノです。
そして連載されてた雑誌が「漫画アクション」というのも
考えさせられる何かを感じます。
史実として後生に残さなければならない作品だと
個人的に思います。

・・・LMCに参加して良かった・・・!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!


関連記事
スポンサーサイト



Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR