春の呪い

北千住に移転したイタリアン「オステリア ルーチェ」のシェフB氏主催の
マンガクラブ「LMC」にて借りた作品。

春の呪い
作:小西明日翔

妹が死んだ。名前は春。まだ19才なのに。
妹が自分ののすべてだった夏美は、春の死後、
家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことに。
夏美は交際する条件として、
冬吾に「春と二人で行った場所へ自分を連れて行って」と懇願。
そうして、妹の元婚約者と夏美の季節は巡り始める――。

テーマの内容・深さから考えると、全2巻というのは短いのか、否か。
まさしく「マンガじゃないとあり得ない」シチュエーションなので、
感情移入というのとは別にスッと物語に入っていけました。
作者の小西明日翔さんの作品は、
発送的にバリバリ少女マンガの王道的な、
非日常感に溢れてて、興味をそそります。

・・・LMCに参加して良かった・・・!

「いせい」のfacebookページはコチラ。「いいね!」お願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

Tag:マンガ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR