FC2ブログ

2019年3月のワインサーキット・プレミアム

3/15はワインサーキット・プレミアムでした。
今回で半分。
次回からの半分は泡モノやナイスな白で楽しみましょう。

まずは白・ロゼ。
右から
①ラ・ドンセラ・ロサド/ボデガス・ファミリア・コネサ
②ラ・ボエム/セネシャリエール
③ピノ・グリ/ジェラール・エ・ブルーノ・シュラー

①ラ・ドンセラ・ロサド/ボデガス・ファミリア・コネサは
ラムネやチェリーの香りがフレッシュなロゼ。
酸味と甘味のバランスが素晴らしく、
清々しさ満点。春に限らず、一年中美味しく飲めます。
②ラ・ボエム/セネシャリエールは
今では「自然派ロワールワインの巨匠」の登り詰めた
マルク・ペノの渾身の一本。
果実美とミネラル感の融合がハンパないっす!
③ピノ・グリ/ジェラール・エ・ブルーノ・シュラーは
こちらは「自然派アルザスワインの巨匠」の作品。
微かな発泡が飲みやすさを醸し出してます。
エレガントで奥行きの深い味わい。

そして赤。
右から
④ヴィン・イ・レジェンデス/セラー・ロナデレス
⑤コート・シャロネーズ“ラ・ディゴワンヌ”/ヴィレーヌ
⑥シノン“リュイスリー”/フィリップ・アリエ

④ヴィン・イ・レジェンデス/セラー・ロナデレスは
赤いフルーツと程よい樽の香りが素晴らしくマッチしてます。
やや多めのタンニンがグッと味わいを引き締めます。
⑤コート・シャロネーズ“ラ・ディゴワンヌ”/ヴィレーヌは
ロマネ・コンティの共同経営者のワイン。
何とも言えない深みと旨味がズッシリきます。
⑥シノン“リュイスリー”/フィリップ・アリエは
完熟したカベルネ・フランを極上に仕上げたシノン。
世界的なワイン評論家J.ロビンソンがブラインドで
「ボルドーの格付けワイン」と間違うほどの内容。

最後は恒例のブラインドテイスティング。

正解は
アンジュ・ヴィラージュ“シュール・シスト”2016/Ch.ピエール・ビーズ。

次回は4/19。
お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR