FC2ブログ

2019年6月のワインサーキット・プレミアム

6/21はワインサーキット・プレミアムでした。
今回のテーマは「シャルドネ&ピノ・ノワール」。

まずは白。右から
①シャルドネ・サヴァニャン/パトリス・ユグ・ベグ
②シャブリ/コリーヌ・エ・J.P.グロッソ
③サン=ロマン“コンプ・バザン”/シャソルネー

①シャルドネ・サヴァニャン/パトリス・ユグ・ベグは
30%だけサヴァニャンが入ったジュラのワイン。
深い奥行きとまろやかな風味に皆さんヤラれてました。
②シャブリ/コリーヌ・エ・J.P.グロッソは
シャブリ特有の石灰質土壌からくるミネラル感タップリの香り。
味わいはクリーン&フルーティで、
スイスイいけちゃうヤツ。
当然、スグ空に。
③サン=ロマン“コンプ・バザン”/シャソルネーは
そんじょそこらの1999年モノならとっくにヘタってるでしょうが、
そこは天下のシャソルネ。
強さと深さが備わって、モノ凄く美味しくなってました。

そして赤。右から
④ピノ・ノワール“ル・ピロリ”/ジャッキー・プレス
⑤プルゴーニュ・ルージュ/クロード・デュガ
⑥ ピノ・ノワール012/ジェラール・シュラー

④ピノ・ノワール“ル・ピロリ”/ジャッキー・プレスは
スミレの花の香り。
甘みもあって、ハイコストパフォーマンスなピノ。
⑤プルゴーニュ・ルージュ/クロード・デュガは
「THE・ブルゴーニュ」といった
王道まっしぐらなピノ。
これが5年経つと、とんでもない大女優に化けます。
⑥ ピノ・ノワール012/ジェラール・シュラーは
シュラーならではの、旨味・奥行・そして変態感。
時間の経過とともに香り・味わいを変え、
飲む人すべてを惑わせます。

最後はブラインドテイスティング。

正解は
アブランシス2014/ル・クロ・デ・ジャール。

来月はお休み。
次回は8/16です。
お楽しみに!



関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR