FC2ブログ

2012年9月のワインサーキット・プレミアム

昨晩は2012年9月のワインサーキット・プレミアム。
早いモノで、今回でシーズン4が最終回。

その試飲ワインは・・・
白・ロゼ3本
DVC00126.jpg
右から
①ラ・ボエム/セネシャリエール
②トゥーレーヌ・フィエ・グリ/J.プレス
③ランガラン・ロゼ/Ch.ド・ランガラン

①のラ・ボエムはウチの鉄板ワイン。特に、2011年は驚愕の味わい!
「カラダに染み込む」、そんな表現がピッタリです!
②のフィエ・グリは品種特有の辛さと香りが全面に出てました。
シャープだけど嫌味のない辛さと、白い花の香り。
③のロゼは「あれ?知らないまに飲んじゃった!」ってほど
スイスイ飲めちゃいます。かつてはチャーミングなロゼでしたが、
今は辛口の本格派ロゼに変貌しました。
「ロゼはちょっと・・・」と言う方、是非飲んでみて!

赤、前半の2本
DVC00127.jpg
右から
④V.d.p.ジュリエンヌ/ヴィエイユ・ジュリエンヌ
⑤レ・シジレイ/ムリニエ

④V.d.p.は飲み始めは「・・・固いな・・・」といった
感想でしたが、ドンドンとそのポテンシャルを伸ばしていって、
最後には「うっっ!!」と唸るほど。
⑤のシジレイは対照的に飲み始めから十二分に良さを発揮してました。
ヴィンテージ、作り手、品種の違いと言ってしまえばそれまでですが、
最終的には美味しく飲める、そこは一緒。
強いて言えば、④はつき合っていく時間を楽しみましょう、ってトコっですか。

赤、後半の2本
DVC00128.jpg
右から
⑥コート・デュ・ローヌ“サン=モリス”/ショーム・アルノー
⑦レゼルヴ“マリー・アニック”/Ch.マンスノーブル

⑥のサン=モリス、⑦のマリー・アニック、共に
貫禄タップリの風味。最後に出したのに、最初にカラになったのがこの二本。
優雅で甘美な香り、インパクトはあるけど飽きが来ない、それどころか
もっと飲みたくなる複雑で官能的な風味。

今回で「ワインサーキット・プレミアム シーズン4」は最終回。
しかし、来月から「シーズン5」が始まります。
次回は10/19。お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR