FC2ブログ

2020年7月のステップアップ和飲塾

7/10はステップアップ和飲塾でした。
今回のテーマは「甲州&ピノ・ノワール」。
国産ワイン用ブドウ品種のスター「甲州」と
エレガント系ワインのブドウ品種の最高峰「ピノ・ノワール」の飲み比べです。 

まずは甲州。右から
①いろ甲州/まるき葡萄
②グリド甲州/グレイス

①いろ甲州/まるき葡萄は
スッキリした飲み口のあとのキュッとした苦味がイイ感じ。
そもそも日本人はワインの苦味は嫌いだったはずなのに、
その辺はクリアされたということは、
日本人の味覚がより文化的に向上したということでしょう。
②グリド甲州/グレイスは
いろ甲州より一段と本格派。
飲みやすさよりもコクや深みを求めるなら、こちらがオススメ。

そしてピノの前半。右から
③ピノ・ノワール“キュベロワイヤル”/ジャッキー・プレス
④ル・マズリエ ピノ・ノワール/ガサック

③ピノ・ノワール“キュベロワイヤル”/ジャッキー・プレスは
ロワールのピノ。
いわゆる「北のピノ」なので、
ミネラル感やドライな飲み口が特徴。
④ル・マズリエ ピノ・ノワール/ガサックは
ラングドックの「南のピノ」。
イメージ的にニューワールドのピノに近いです。
色は濃く、果実味強め。
北と南のピノ、結構好みが分かれます。

ピノ後半。右から
⑤アルザス・ピノ・ノワール012/ジェラール・シュレール
⑥ジュヴレ・シャンベルタン/クロード・デュガ

⑤アルザス・ピノ・ノワール012/ジェラール・シュレールは
シュレール節がグっと効いたアルザス・ピノ。
出汁や梅干し、和風なイメージがどこかにある
ココのワインにはいつだって親近感沸きます。
⑥ジュヴレ・シャンベルタン/クロード・デュガは
「THE GREAT BOURGONGE」を地でいくスーパーワイン。
2017年でこんなにスゴイんだから、
あと10年、20年たったら、
トンでもないワインになること間違いナシです!

次回は8/14です。
お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR