FC2ブログ

ワインサーキット・プレミアム 2011年11月

昨晩はワインサーキット・プレミアム。

ヌーヴォー解禁の翌日なので、
テーマは「ボージョレ&ガメイ」で。

「ガメイ」というのは、ボージョレで使われているブドウ品種です。

そこで、前半の赤ワイン3本は
ヌーボーの飲み比べ。

(一番左は白ワインですが・・・)
左から、
①ル・プレ・ノワール・ブラン2009/パスカル・シモニュッティ
(ま、これはおいときまして・・・)
②ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2011/ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ
③ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2010/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレ
④ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2011/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレ
DVC00343.jpg

今年のヌーヴォーは前評判通り、旨かった!
力強さに加え、チャーミング&フルーツ!!

②ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2011/ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌと
④ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2011/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレで作り手の違いを、

③ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2010/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレと
④ボージョレ・ヌーヴォー・ヴィラージュ2011/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレで年代の違いを確かめます。


興味深かったのは、2010年の(昨年の)ヌーヴォーの
評判が高かった事。ご参加頂いたメンバーの方々は口を揃えて

「ヌーヴォーも熟成するんだ・・・」。


続きまして、左から
⑤グリーンラベル2005/パスカル・シモニュッティ
⑥アンジュ・ガメイ2008/Ch.ピエール・ビーズ
⑦ブルイィ・キュヴェ・プレステージ2007/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレ
DVC00345.jpg

産地、ヴィンテージ、作り手、すべてバラバラですが、
全部「ガメイ種100%」で出来たワイン。
それぞれ全く違った個性がありました。

その中でも、
⑦ブルイィ・キュヴェ・プレステージ2007/ドメーヌ・ジャン・マルク・ラフォレは
かなりの異質なカンジ。
何故なら、このワイン、従来のガメイのワインには殆ど使わない
オーク樽で熟成させてます。
オーナー曰く
「完全にアメリカ輸出用のキュヴェ。フランス国内には出荷してない。
もしよかったら、いる?日本にだったらいいよ」ということでしたので、
サクっと仕入れちゃいました。

「ガメイに樽を使うのは気が引けるので、
あえて“禁断のブラックラベル”にしたのさ」ですって。
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR