FC2ブログ

2020年9月のワインサーキット・プレミアム

9/18はワインサーキット・プレミアムでした。
今回のテーマは「樽とそうでないヤツ」。

まずは白。右から
①レ・ピロティエール・ソーヴィニヨン/ジャッキー・プレス
②エキノックス・シャルドネ/ラルジョル

①レ・ピロティエール・ソーヴィニヨン/ジャッキー・プレスは
樽ナシのワイン。
ロワールのソーヴィニヨン・ブランらしく、
どこまでも爽やかで清々しい味わい。
食前、もしくは屋外で飲みたいワイン。
②エキノックス・シャルドネ/ラルジョルは
樽アリのワイン。
この手のタイプは巷では大分少なくなりましたが、
やはりこういうワイン、確実に需要はあります。
事実、当店ではこの手のスタイルのワインを欠かしたことがありません。
キンキンに冷やさず、丁度いい温度で飲むのがキモ。
揚げ物やホワイトソースの料理によ~く合います。

そして赤。右から
③ブリュット ・デ・キューヴ/ラルジョル
④ラ・プランタ/アルツァガ・ナヴァーロ
⑤アンジュ・ヴィラージュ”シュール・シスト“/Ch.ピエール・ビーズ


③ブリュット ・デ・キューヴ/ラルジョルは
樽ナシの赤。
「ザ・グリーン&ピュア」という表現がピッタリ合う風味。
添加物ゼロのバリバリの自然派。
④ラ・プランタ/アルツァガ・ナヴァーロは
樽アリの赤。
情熱のスペインらしく、葡萄の風味と樽熟成のアンサンブルが絶妙。
グラミーアーティストのジェ◯ファー・◯ペ◯の大のお気に入りワインで、
彼女の結婚式にこのワインで振舞ったほどの逸品。
⑤アンジュ・ヴィラージュ”シュール・シスト“/Ch.ピエール・ビーズは
秀逸な樽の使い方のワイン。
樽熟成をしてる事はしてるのですが、
すべてではなく、1/3のみ。
樽の風味を付ける目的ではなく、
あくまでワインの安定化の為。
ココのオーナー・ピエール・ビーズ氏は
「自然派?そんな事はその言葉が世に出る前からウチではやっとるわ!」と、
今更ビオだなんだって謳うワイナリーを毛嫌いする程。
飲んでみると、確かにスゴイ!素晴らしい!

コロナ禍の影響により、
ワインサーキット・プレミアムは
今月で一時閉鎖となります。
コロナ禍が明けたらまた再開予定です。
またの機会をお楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR