FC2ブログ

2020年1月のステップアップ和飲塾

1/7はステップアップ和飲塾でした。
本来なら明日の1/8に開催予定なのですが、
例の緊急事態宣言が発令されるので、
前倒しでの開催です。

まずは前半。右から
①ガヴィ/アリオーネ
②シャブリ/J.P.グロッソ
③レ・サーニュ/マルキーズ・デ・ミュール

①ガヴィ/アリオーネは
爽やかさタップリのイタリアワイン。
とは言いつつ、熟成させても面白いな、とも思いました。
守備範囲が予想外に広い、ナイスな一本。
②シャブリ/J.P.グロッソは
シャープな感じが印象的。
これももっと寝かせた方が良さが出るはず、とも思えました。
③レ・サーニュ/マルキーズ・デ・ミュールは
飲み始めは若干硬さが気になりましたが、
30分もすれば十分良さが出ます。
クラシックな南仏の良さがよくでてます。

そして後半。右から
④ブルイィ“キュベ・プレステージ”/ラフォレ
⑤シノン“ジャンヌ・ヴィーニュ”/フィリップ・アリエ
⑥リットン・スプリングス/リッジ
⑦ピースポーター・ゴールドトロプフェン・アウスレーゼ/ホリッヒ・レーネルト

④ブルイィ“キュベ・プレステージ”/ラフォレは
まさに「禁断のボージョレ」。
フランス国内ではまずウケないでしょう。
そのかわり、アメリカでは大ウケしそう、って、
それもそのはず、アメリカ用に仕込んだヤツですから。
⑤シノン“ジャンヌ・ヴィーニュ”/フィリップ・アリエは
2006年モノなので、
カベルネ・フランの良いとこだけが際立ってます。
フラン嫌いな方への挑戦状的な一本。
⑥リットン・スプリングス/リッジは
ジンファンデルの熟成を楽しませてくれた一本。
「昔はヤンチャだったんだろうなぁ」と思わせる、
とんがった片鱗は垣間見れました。
⑦ピースポーター・ゴールドトロプフェン・アウスレーゼ/ホリッヒ・レーネルトは
まさに「黄金の雫」。
これなら一人で一本空けられちゃうほどの美味しさ。
甘さと酸味のバランスが最後です。

次回は2/12。
お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



Tag:イベント  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有馬嘉伸

Author:有馬嘉伸
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR